検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年8月15日 「聖母の被昇天」祭日の正午の祈り 教皇フランシスコ 2020年8月15日 「聖母の被昇天」祭日の正午の祈り  (AFP or licensors)

聖母の被昇天:教皇「マリアのように神を賛美しよう」

カトリック教会の暦は、8月15日、「聖母の被昇天」の祭日を迎えた。

教会暦で「聖母の被昇天」を祝った8月15日、教皇フランシスコはバチカンで正午の祈りの集いを持たれた。

ローマでは連日、猛暑が続いているが、この祭日、教皇の言葉に耳を傾け、祝福を受けようと、多くの巡礼者らが聖ペトロ広場に集った。

祈りに先立つ説教で、教皇は、マリアのように、主がなさった偉大なことを思い出し、感謝と賛美を捧げるようにと、信者らを招かれた。

教皇の「聖母の被昇天」の祭日の、「お告げの祈り」の集いにおける説教は次のとおり。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

人が月面に初めて立った時の有名な言葉があります。「これは一人の人間にとって小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」。事実、人類は、一つの歴史的な目標に到達しました。しかし、今日、聖母の被昇天において、わたしたちは、限りなくより大きい到達を祝います。聖母が天国に立たれたのです。霊魂だけでなく、肉体も、聖母ご自身のすべてをもって天国に入られました。このナザレのおとめの小さな一歩は、続く人類の偉大な飛躍となりました。

月に行っても、わたしたちがこの地上で、皆兄弟として生きられないとしたら、残念なことです。しかし、わたしたちの一人が天国で体ごと暮らしているということ、それはわたしたちに希望をもたらします。わたしたちは貴重な存在であり、復活するように定められている、ということがわかります。神は、わたしたちの肉体を虚しく消えるままにはされません。神と一緒ならば、何も失われません。マリアにおいてゴールは到達されました。わたしたちは歩むための理由を目の前に持っています。消え去るこの世の事柄を獲得するためではなく、永遠である天の祖国を目指すためです。そして、マリアは、わたしたちを導く星です。マリアは最初に天国に上げられたからです。第二バチカン公会議が教えるように、マリアは「歩む神の民のための、確かな希望と慰めのしるしとして輝いています」(「教会憲章」68)

わたしたちの母であるマリアは、わたしたちに何を勧めているでしょうか。今日の福音で、マリアが最初に言ったのは、「わたしの魂は主をあがめます」(参照:ルカ1,46)という言葉でした。この言葉を聞き慣れているわたしたちは、おそらくそれ以上の意味を考えないかもしれません。「Magnificare(称える、の意)」とは、文字どおり、大きくする、という意味です。マリアは主を「大きくする」のです。当時も様々な問題には事欠かなかったでしょう、しかし、マリアは、こうした問題ではなく、主を「大きく」します。それに対し、わたしたちは、何度問題に押しつぶされ、怖れに心を占められていたことでしょうか。聖母はそうではありません。神を人生の最も大きなものに位置付けているからです。このようなところから、「マグニフィカト」はほとばしります。ここから喜びが生まれます。問題はないわけではありません。問題はいずれあっても、わたしたちのそばにおられ、わたしたちを助けられる神の現存から喜びは生まれます。神は偉大な方であり、小さき者たちを顧みる方です。わたしたちは、神の愛の「弱み」なのです。神は小さき者たちをご覧になり、愛されます。

マリアは自分の小ささを知り、主がマリアになさった「偉大なこと」(参照:ルカ1, 49)を称えています。その偉大なこととは何でしょうか。それは、まず予期せず命を授かったことです。おとめマリアは胎内に子を宿し、親類のエリザベトも、高齢でありましたが身ごもっていました。主は小さき者や、自分の小ささを知る者に、素晴らしいことを行われ、人生の中に神のための大きな場所を与えられます。主は、ご自分に信頼する者にいつくしみを与えられ、謙遜な者たちを高く上げられます。マリアが神を称えるのは、このためです。

ここで問いましょう。わたしたちは神を賛美することを忘れていないでしょうか。神がわたしたちのためにされた偉大なことに感謝しているでしょうか。神が与えてくださる毎日に、神がわたしたちを愛し、赦してくださることに、神の優しさに対し、感謝しているでしょうか。まだあります。神が、わたしたちに聖母を与えてくださったことに、わたしたちの人生の途上で出会わせてくださる兄弟姉妹たちのために、わたしたちに天国を開いてくださったことに、感謝していますか。わたしたちは、これらのことのために、神に感謝し、神を賛美しているでしょうか。

もし、わたしたちがこれらの善を忘れるならば、心は縮んでしまいます。しかし、マリアのように、主がなさった偉大なことを思い出すならば、そして、一日に少なくとも一回は神を賛美するならば、わたしたちは大きな一歩をしるした、と言ってよいでしょう。一日一回、「主を賛美します」、「主は讃えられますように」という、小さな賛美の祈りを唱えましょう。これは神を称えることです。この小さな祈りによって、心は広がり、喜びは豊かになるでしょう。眼差しを天に、神に向かって上げ、「ありがとうございます」と感謝することで、毎日を始める恵みを、天国の扉である聖母に願いましょう。

15 8月 2020, 14:15