検索

Vatican News
教皇フランシスコによる一般謁見 2020年6月24日 教皇フランシスコによる一般謁見 2020年6月24日  (Vatican Media)

ダビデの祈りをテーマに、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、6月24日(水)、一般謁見で「ダビデの祈り」をテーマに講話された。

教皇フランシスコは、6月24日(水)、一般謁見をバチカン宮殿よりビデオを通して行われた。

謁見中の「祈り」をめぐるカテケーシス(教会の教えの解説)で、教皇は「ダビデの祈り」をテーマに講話された。

教皇のカテケーシスは以下の通り。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

祈りをめぐるカテケーシスの歩みの中で、今日はダビデ王と出会います。彼は少年の時から神に愛され、神の民の歴史、わたしたちの信仰の歴史の中心を担う比類なき使命のために選ばれました。福音書の中で、イエスは何度も「ダビデの子」と呼ばれています。実際、イエスは、ダビデと同じようにベツレヘムに生まれました。神の契約によれば、ダビデの子孫からメシアがやって来ることになっていました。ダビデは、御父へのあまねき従順を通し、完全に神のみ心に従った王であり、その行動は神の救いの計画を忠実に実行するものでした。(参照:カトリック教会のカテキズム、2579)。

ダビデの物語はベツレヘム周辺の丘の上から始まります。ダビデはそこで父エッサイの羊の番をしていました。彼はまだ少年で、数多い兄弟たちの一番末の子でした。預言者サムエルが神の命によって新しい王を探していた時、ダビデの父エッサイは、一番下の息子である彼の存在を忘れてるかのようでした(参照:サムエル上16,1-13)。ダビデは自然の中で働いていました。わたしたちは彼を、風や、自然が奏でる音、陽の光の友だちであったと想像することができます。魂を慰めるために、ダビデが持っていた唯一のもの、それは竪琴でした。彼はまた石投げ紐で遊んでいました。

ダビデは第一に羊飼いでした。家畜の世話をし、これらを危険から守り、養うための餌を調達する人でした。ダビデが神のみ旨によって、民の世話をするようになった時も、これらと特別異なることをしたわけではありません。こうしたことから、聖書においてダビデは、しばしば羊飼いのイメージで表されます。イエスもまたご自分を「良い羊飼い」と呼ばれました。イエスの態度は金で雇われた傭兵のそれではありませんでした。イエスは羊のために命を捨て、羊を導き、それぞれの羊の名前を知っておられました(参照:ヨハネ10,11-18)。

ダビデは自分の最初の職業から多くのことを学びました。預言者ナタンが彼の非常に重い罪を面と向かって非難した時(参照:サムエル下12,1-15)、ダビデはすぐに自分が悪い牧者であると気づきました。自分が他の男がいつくしみ養っていたただ一匹の子羊を奪い取ったこと、もはや自分は謙遜なしもべではなく、権力に病んだ、殺し略奪する密猟者であると悟ったのです。

ダビデの召命のもう一つの面は、彼が詩人の魂を持っていたことです。この小さな観察から、ダビデは、社会から長く隔離されて暮らさざるを得なかった人にしばしばあるような、粗野な人物ではなかったと推論することができます。これに対して、ダビデは音楽と歌を愛する繊細な人でした。竪琴はいつもダビデの生活の中にありました。彼は竪琴と共に、時には喜びの賛歌を神に上げ(参照:サムエル下6,16)、時には嘆き、自らの罪を告白したりしました(参照:詩編51,3)。

彼の目に映る世界は、音のない風景ではありませんでした。彼の眼差しは、込み入った物事の後ろに、より大きな神秘を捉えていました。祈りはまさにそこから生まれます。人生はむなしく過ぎ去るものではなく、驚嘆すべき神秘であるという確信が、わたしたちの中に詩や音楽、感謝や賛美、あるいは嘆きや懇願を生むのです。ある人にこの詩的な側面が欠けている時、その魂は足を引きずっているといえましょう。伝承は、ダビデを偉大な詩編作者としています。詩編はその前半をイスラエルの王とその生涯の様々な出来事に帰属するものとしています。

ダビデには一つの夢がありました。それは良い羊飼いであることでした。しばしばその課題を立派に果たすこともあれば、そうでないこともありました。しかし、救いの歴史を背景にした時、重要なことは、ダビデは「別の王」を予言する存在であるということです。そこで彼はただその別の王の訪れを告げる、前ぶれとしての役割を果たしています。

ダビデを見つめ、彼について考えましょう。聖人にして罪人、迫害される者であると同時に迫害者、犠牲者であると共に非情な人物である彼は、矛盾に満ちた人です。ダビデはこれらを全部合わせた人でした。わたしたちも人生の中で矛盾した面をよく体験します。生きていく上で、すべての人はしばしば無意識のうちに罪を犯します。ダビデの生涯で起きる様々な出来事を結びつける唯一の赤い糸、それが彼の祈りです。それは、決して消えることのない彼の声でした。ダビデは聖人として祈り、罪人として祈ります。迫害され祈り、迫害者として祈ります。被害者として祈り、加害者になり祈ります。これが彼の人生の赤い糸です。祈りの人として、その声は消えることはありませんでした。その声は喜びにあふれることもあれば、嘆きに満ちていることもありましたが、それは同じ祈りの声であり、メロディーだけが変わっていたのです。このように、ダビデは神との対話に完全に入ることをわたしたちに教えます。喜びや罪、愛や苦しみ、友情や病、これらすべてが、「あなた(神)」に向けられた言葉となり、神はこうしたわたしたちにいつも耳を傾けられます。

ダビデは孤独を味わいましたが、実は決してそうではありませんでした。つまるところ、これが、生活の中で祈りに時間を割く人々において働く、祈りの力なのです。祈りはあなたに尊厳を与えます。ダビデに尊厳があるのは、彼が祈るからです。祈っているのが非情な人間であっても、祈りのおかげで、悔い改め、尊厳を取り戻すのです。祈りは尊厳を与えます。祈りは神との絆を保証します。人生の数多くの試練の中で、神は人間の歩みの真の同伴者です。良いこと、あるいは悪いことがあっても、常に祈ることです。主よ、感謝します。主よ、わたしは恐れています。主よ、お助けください。主よ、お赦しください…。ダビデは追われて、誰も守ってくれる者がないまま、一人で逃亡しなければならなかった時も、神を大いに信頼していました。「もしわたしの神がわたしを卑しめられるなら、理由があるのだ」と考えていました。祈りの尊さが、わたしたちを神の手に委ねます。あの愛によって傷ついた御手、それはわたしたちが知る、唯一の安全な手なのです。

24 6月 2020, 17:11