検索

Vatican News
教皇フランシスコ、2020年5月13日の一般謁見 教皇フランシスコ、2020年5月13日の一般謁見  (Vatican Media)

「父であり愛である神に祈る」教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見で、「祈り」をテーマにカテケーシスを続けられた。

教皇フランシスコは、5月13日(水)、一般謁見をバチカン宮殿からビデオを通して行われた。

この謁見で、教皇は、先週開始された「祈り」をテーマにしたカテケーシス(教会の教えの解説)を続けられた。

第2回目の今回は、「キリスト教の祈り」の核心とは何かを考察された。

教皇のカテケーシスは以下のとおり。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

今日は、先週から始めた「祈り」をめぐるカテケーシスの第2回の考察を行いましょう。

祈りは、すべての人のものです。すべての宗教に属する人、そして、おそらくどの宗教にも属さない人のものでもあります。祈りは、自分自身の秘めた部分から生まれます。それは霊的作者らがしばしば「心」と呼ぶ、内的な場所です(参照:カトリック教会のカテキズム2562-2563)。祈る時、わたしたちの中には、自分からかけ離れたものや、二次的、付随的なものはなく、そこにあるのは自分自身の最も内面的な神秘です。この神秘が祈っているのです。感情の高揚によって祈ることはあっても、祈りは感情だけとは言えません。知性によって祈ることはあっても、祈りは単に知的な行為ではありません。体は祈りますが、体が最も不自由な状態でも神と話すことはできます。つまり、心が祈るならば、人間の全体が祈るのです。

祈りは一つの飛躍です。それは自分自身を超えていく一つの願いです。わたしたちの人格の深いところから生まれ、前へ伸びていくものです。それは一つの出会いに対する郷愁から来るものです。この郷愁は一つの必要というより、一つの道です。祈りとは、手探りで前進する「わたし」が、「あなた(神)」を探し求める声なのです。「わたし」と「あなた(神)」との出会いは計算づくでできるものではありません。それは、多くの場合、求めながら、手探りで向かう出会いなのです。

キリスト者の祈りは、一つの啓示から生まれます。そこでは「あなた(神)」は神秘で覆われたままではなく、わたしたちとの関係の中に入って来られます。キリスト教は、神の顕示、すなわち神の御公現を絶えず記念する宗教です。典礼暦年の最初のいくつかの祭日は、神がご自分を隠されることなく、人間への友情を示されることを記念するものです。神はその栄光を、ベツレヘムの貧しさの中で、東方三博士の観想、ヨルダン川での洗礼、そしてカナの婚礼の奇跡において、現わされました。ヨハネ福音書は、偉大な序章の賛歌を次のように要約的な言葉で締めくくっています。「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」(ヨハネ(1,18)。神をわたしたちに示してくださったのは、イエスです。

キリスト者の祈りは、神との関係の中に入ります。神は優しい御顔を持たれ、人間に対し一切の恐れを引き起そうとはされません。これがキリスト教の祈りの最初の特徴です。人々がいつも神にびくびくし、魅惑的で恐ろしい神秘にこわがりながら近づき、主人に敬意を欠かさぬよう振る舞う家来のように、隷従的な態度で神を崇拝していたことに対し、キリスト者は、神に対し、親しみを込め「父」という名で呼ぶことをあえてします。それどころか、イエスは「お父さん」とさえ呼んでいるのです。

キリスト教は、神との絆において、あらゆる「封建的」関係を閉め出しました。わたしたちの信仰の遺産には、「服従」「隷属」という言葉はありません。むしろ、そこにあるのは、「契約」「友情」「約束」「交わり」「近さ」という言葉です。イエスは、最後の晩餐の長い別れの説教でこう言われました。「もはや、わたしはあなたがたをしもべとは呼ばない。しもべは主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけていって実を結び、その実が残るようにと、またわたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである」(ヨハネ15,15-16)。これは真っ白な小切手のようなものです。「わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命した」と言うのです。

神は友であり、同盟者にして、花婿です。祈りにおいて神との信頼関係を築くことができます。実際、イエスは「主の祈り」で、わたしたちに一連の願いを神に向けることを教えてくださいました。神にわたしたちはすべてを願い、すべてを説明し、すべてを語ることができます。神との関係において、わたしたちは、良い友、出来の良い子、忠実な花嫁ではないと、自分に足りない点を感じるかもしれません。しかし、それを気にしてはいけません。神はわたしたちを愛し続けてくださいます。それはイエスが最後の晩餐で決定的に示していることです。イエスは言われました。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である」(ルカ22,20)。イエスはこの行為を通して、最後の晩餐の席で十字架の神秘を先取りしました。

神は契約に忠実な方です。人間が愛することをやめても、神は愛し続けられます。たとえ、その愛がカルワリオに続くものであってもです。神はいつもわたしたちの心の扉の前で、わたしたちがそれを開くのを待っておられます。時に、その扉をたたかれますが、押し付けがましいことはされず、神は待たれます。神の辛抱強さは、わたしたちにとって、わたしたちを深く愛するお父さんの辛抱強さです。それはお父さんとお母さんを合わせた辛抱強さと言ってもよいでしょう。神はいつもわたしたちの心のそばにおられ、その扉をたたく時、優しさと豊かな愛をもってたたかれるのです。

契約の神秘の中に入り、皆でこのように祈ってみましょう。神のいつくしみ深い御腕の中で祈り、三位一体のいのちである、あの幸福の神秘に包まれていると感じましょう。そして、この光栄にふさわしくない招待客のように感じ、驚きの祈りをもって、神に繰り返し尋ねましょう。「ほんとうにあなたは愛しかご存じないのですか」と。神は憎しみを知りません。神は、憎まれることがあっても、憎むことを知りません。愛だけをご存じです。わたしたちが祈るのはこの神に向けてです。これがすべてのキリスト教の祈りの熱い核心なのです。神は愛です。御父はわたしたちを待っておられ、わたしたちと共におられます。

13 5月 2020, 16:44