検索

Vatican News
聖ヨハネ・パウロ2世生誕100年 聖ヨハネ・パウロ2世生誕100年 

聖ヨハネ・パウロ2世生誕100年:18日朝、教皇フランシスコによる記念ミサ

5月18日、聖ヨハネ・パウロ2世の生誕100年を迎える。教皇フランシスコは、同日朝7時(日本時間14時)、聖ペトロ大聖堂内の、聖ヨハネ・パウロ2世の棺を安置した祭壇でミサをとり行われる。

2020年5月18日、聖ヨハネ・パウロ2世の生誕から100年を迎える。

カロル・ヴォイティワ、のちの聖ヨハネ・パウロ2世(教皇在位:1978年10月16日‐2005年4月2日)は、ポーランド南部ヴァドヴィツェに、1920年5月18日に生まれた。

聖ヨハネ・パウロ2世の生誕100年を祝い、教皇フランシスコは、イタリア時間5月18日(月)午前7時(日本時間5月18日14時)、バチカンの聖ペトロ大聖堂にある、聖ヨハネ・パウロ2世の棺を安置した祭壇でミサをとり行われる。このミサの模様はバチカン・ニュースを通しビデオ中継される。

教皇フランシスコは、バチカン宮殿で行われた5月17日(日)正午の祈りで、この記念日について次のように話された。

「親愛なる兄弟姉妹の皆さん。明日、5月18日、聖ヨハネ・パウロ2世がポーランドのヴァドヴィツェに誕生してから、ちょうど100年を迎えます。

聖ヨハネ・パウロ2世をたくさんの愛情と感謝の念をもって思い起こしましょう。

18日午前7時、わたしは、聖ヨハネ・パウロ2世の御遺体が安置された祭壇でミサを司式します。このミサは世界に中継される予定です。

聖ヨハネ・パウロ2世が、天国から神の民と世界平和のために、わたしたちの祈りを取りつぎ続けてくださいますように。」

17 5月 2020, 15:17