検索

Vatican News
教皇フランシスコ、ローマの小児科病院で医師や看護師らと 2013年12月 教皇フランシスコ、ローマの小児科病院で医師や看護師らと 2013年12月  

国際看護師の日:教皇、いのちに奉仕する人々に励まし

教皇フランシスコは、「国際看護師の日」にメッセージをおくられた。

5月12日、「国際看護師の日」が記念された。この日は、近代看護学の基礎を築いたフローレンス・ナイチンゲール(1820-1910)の誕生日である。今年は、ナイチンゲール生誕より200年を迎えた。

教皇フランシスコは、この「国際看護師の日」にあたり、看護の仕事に携わるすべての人々にメッセージをおくられた。

教皇は、新型コロナウイルス感染拡大危機による歴史的状況のもと、わたしたちは看護師、また助産師の基本的で重要な役割を再発見することになった、と述べ、看護師たちの勇気と努力、プロフェッショナル精神、自己の健康を危険にさらして感染者の世話にあたるその隣人愛と自己犠牲を深く心に留められた。

この危機において任務への忠実のために命を失った多くの医療関係者を思い、教皇は亡くなったすべての医療関係者の冥福と遺族への神の慰めを祈られた。

教皇は、福音書の「善きサマリア人」のように傷ついた隣人に寄り添い、いのちを守り、いのちに奉仕する、看護師の特別な召命を強調。

また、患者たちに必要な処置を施すと共に、勇気と希望、信頼や慰めを与える、看護師の病者への人間的態度・関係を大切なものとして指摘された。

教皇は、人間の誕生と死、最も困難な状況下に寄り添うその献身を、「身近な聖人たちの間に生きる存在」「野戦病院としての教会の象徴」であると表現された。

同時に、教皇は、妊娠中の女性を見守り、子どもの誕生を助ける助産師の、いのちと母性に直接関わる仕事を、もっとも尊い仕事の一つ、と述べられた。

教皇は、この「国際看護師の日」が、社会全体の健康に貢献する看護師と助産師の仕事の尊厳に注目する機会となることを願いながら、関係者に心からの祝福をおくられた。

 

12 5月 2020, 15:08