検索

Vatican News
教皇フランシスコ、2020年5月14日、バチカン、サンタ・マルタ館でのミサ 教皇フランシスコ、2020年5月14日、バチカン、サンタ・マルタ館でのミサ  (ANSA)

教皇「パンデミックからの回復の恵みを、兄弟たちと共に祈ろう」

「人類の兄弟愛のための高等委員会」が呼びかける「祈りと断食、人類のための祈願の日」、教皇フランシスコはミサの中でパンデミックの収束を祈られた。

教皇フランシスコは、5月14日、バチカンのサンタ・マルタ館の礼拝堂でミサを捧げられた。

この日が「人類の兄弟愛のための高等委員会」が呼びかける「祈りと断食、人類のための祈願の日」であることをミサの初めに示された教皇は、パンデミックからの回復の恵みを次のように祈られた。

「パンデミックのこの悲惨な状況の中、『人類の兄弟愛のための高等委員会』は、今日を『祈りと断食の日』とし、神にいつくしみとあわれみを願うよう招いています。

わたしたちは兄弟です。アッシジの聖フランシスコは、『みな兄弟』と言っていました。

このために、今日、すべての宗教に属する人々は、祈りと悔い改めのうちに一致し、このパンデミックからの回復の恵みを祈り求めます。」

「人類の兄弟愛のための高等委員会(議長 ミゲル・アンヘル・アユソ・ギクソット枢機卿)」は、2019年8月、バチカンに設立された組織。教皇フランシスコが2019年2月のアラブ首長国連邦訪問の際、アブダビにおいて、アル=アズハルのグランド・イマーム、アフマド・アル・タイーブ師と「世界平和のための人類の兄弟愛」をめぐる共同文書に署名したことがその設立のきっかけとなった。

同委員会は、このたび声明を発表。5月14日を「祈りと断食、人類のための祈願の日」とし、人類がこのパンデミックの克服と共に、安全と、安定、健康、発展を取り戻し、より人間的で兄弟愛に満ちた世界を築けるよう、世界の諸宗教の人々に、一致した祈りを呼びかけていた。

14 5月 2020, 14:00