検索

Vatican News
教皇フランシスコ、一般謁見で、イエスの受難を観想 2020年4月8日 教皇フランシスコ、一般謁見で、イエスの受難を観想 2020年4月8日  (Vatican Media)

「十字架を見つめ、福音書を開こう」教皇、イエスの受難を観想

教皇フランシスコは、一般謁見の講話で、イエスの受難を観想された。

教皇フランシスコは、4月8日(水)、一般謁見を、バチカン宮殿からビデオを通して行われた。

復活祭を目前に控えた「聖週間」中の「受難の水曜日(聖水曜日)」、教皇はカテケーシス(教会の教えの解説)で、イエスの受難をテーマに、次のように講話された。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

ここ数週間、世界を苦しめるパンデミックの不安の中、人々が投げかける多くの問いの間には、神に対する問いもあります。神はわたしたちの苦しみを前に何をしているのか。すべてがうまくいかないこの時、神はどこにいるのか。なぜ急いでこれらの問題を片づけてくれないのか、などです。

今「聖週間」において、わたしたちが共に歩んでいるイエスの受難のストーリーに、こうした問いに対する助けを見出すことができます。実際、イエスの受難の道のりには、多くの問いがひしめいています。

イエスのエルサレム入城を歓呼で迎えた後、人々は、この方こそ自分たちをやっと敵から解放してくれるのだろうか(参照:ルカ24,21)と問いました。人々は剣を持った、強い、勝利者としてのメシアを待ち望んでいたのです。

それに対して、現れたのは柔和で心の謙遜な一人の人で、皆に回心と憐みを呼びかけていました。

最初、イエスを賛美したこれらの群衆こそが、後に「十字架につけろ!」(マタイ27,23)と叫ぶことになりました。イエスに従っていた者たちは、とまどい驚き、イエスを見捨てることになりました。彼らはこう考えたのです。これがイエスの成れの果てならば、彼はメシアではない、なぜなら神は強く無敵だからだ、と。

しかし、イエスの受難の物語を読み進むならば、そこで驚くべきことに出会います。イエスが十字架上で苦しむのを見、そこでイエスが皆を赦すのを聞き、イエスの無限の愛にじかに触れたローマの百人隊長は、イエスが息を引き取られた時、こう言いました。「本当に、この人は神の子だった」(マルコ15,39)。百人隊長は、皆とは反対のことを言うのです。そこに本当に神がいる、と。

今日、わたしたちも自問します。神の本当の御顔とは何でしょうか。普段、わたしたちは神の中に、自分たちの姿を最大限に投影します。わたしたちの成功、正義感、また義憤など。しかし、福音は、神はそうではない、とわたしたちに言います。神はわたしたちの考える方とは異なり、わたしたちの力では神を知ることはできません。

それゆえに神はわたしたちのもとに来られました。神はわたしたちに会いに来られ、復活祭においては完全にその姿を啓示されます。それはどこにでしょうか?十字架の上です。そこにわたしたちは神の御顔の輪郭を学びます。なぜなら十字架は神の教壇だからです。

十字架を沈黙のうちに見つめ、わたしたちの主がどういう方であるかを知ることは、わたしたちにとって有益なことです。主は誰かを非難するために指差すのではなく、すべての人に対して両腕を開いておられます。ご自身の栄光でわたしたちを押しつぶすことなく、わたしたちのためにそれを脱ぎ捨てられました。わたしたちを言葉の上で愛するのではなく、沈黙のうちにわたしたちのために命を捧げられました。わたしたちに強いず、わたしたちを解放されます。わたしたちを見知らぬ者として扱わず、わたしたちの悪と罪をご自身に背負ってくださいます。神に対する先入観から解放されるために、十字架を見つめましょう。そして、福音書を開きましょう。

福音書の中では、たとえばパンを増やした奇跡の後のように、人々がイエスを王にするために連れて行こうとした時、イエスは立ち去りました(参照:ヨハネ6,15)。イエスの神としての威厳を悪霊たちが口にした時、イエスは黙るように命じました(マルコ1,24-25)。

なぜでしょうか。それはイエスが人々の誤解を望まないからです。人々が謙遜な愛である真の神を、派手な見世物と力で圧倒する世俗的な偽の神と混同して欲しくないからです。

これに対し、福音書で、イエスの本質が荘厳に宣言されたのはいつだったでしょうか。それは百人隊長が「本当に、この人は神の子だった」と言った時です。百人隊長は、イエスが息を引き取ったばかりの場所で、そう言いました。もう間違うことはできません。神は愛において全能の方です。それが神の本質、神は愛だからです。

あなたは反論するかもしれません。「こんなに弱い神では仕方がない、もっと強く、力ある神の方がよい」と。しかし、この世の権力は過ぎ去りますが、愛は留まります。愛だけがわたしたちのいのちを守ります。愛はわたしたちの弱さを抱擁し、変容させるからです。過ぎ越しに、わたしたちの罪を赦しによって癒したのは、死をいのちへと移る道としたのは、わたしたちの怖れを信頼に、苦悩を希望に変えたのは、神の愛です。

復活祭は、神はすべてを善に変えることがおできになると、わたしたちに教えます。神が一緒にいてくださるならばすべては大丈夫だと、本当に信頼することができるのです。そうです。復活の朝、「恐れることはない」(参照:マタイ28,5)とわたしたちが聞くのはそのためなのです。悪をめぐる苦悩に満ちた問いは、一瞬にして消えるわけではありません。しかし、復活の主の中に、わたしたちが深淵に陥らないための、確かないしずえを見出すことができるのです。

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、イエスはわたしたちに寄り添いながら歴史を変えました。そして、たとえまだ悪に傷つけられているとしても、それを救いの歴史としました。ご自身のいのちを十字架上で捧げながら、イエスは死に打ち勝たれました。十字架につけられたイエスの胸の傷から、神の愛はわたしたち一人ひとりに届きます。イエスに近づき、与えられる救いを受け入れながら、わたしたちは歴史を変えていくことができます。

祈りの中でイエスに心のすべて開きましょう。イエスの眼差しに見つめていただきましょう。わたしたちは独りではなく、愛されていることがわかるでしょう。主はわたしたちを決して見捨てず、お忘れにならないからです。

08 4月 2020, 16:08