検索

Vatican News

復活の聖なる徹夜祭:教皇「希望の知らせ、いのちの歌をもたらそう」

聖土曜日、「復活の聖なる徹夜祭」がバチカンでとり行なわれた。

4月11日、聖土曜日の深夜、教皇フランシスコは、「復活の聖なる徹夜祭」をバチカンの聖ペトロ大聖堂で祝った。

「復活の聖なる徹夜祭」は、キリスト教信仰の原点と本質を豊かな内容と象徴を通して表す、一年の典礼の頂点にふさわしい、荘厳な儀式である。

パンデミック危機を背景にした今年のバチカンの復活徹夜祭は、教皇を中心に、少人数の参加で、復活の大ろうそくの祝別や洗礼式など、通常の式次第のいくつかの部分を省略してとり行われた。

儀式は、明かりを落とした大聖堂内で、教皇による火の祝別と、ろうそくを掲げた光の行列から始まり、次いで、復活賛歌の朗唱が行われた。

また、神の救いの歴史を示すための7つの旧約の書からの朗読、使徒パウロの書簡、そしてキリストの復活を告げる福音の朗読からなる、豊かなことばの祭儀が続いた。

洗礼の典礼では、復活徹夜祭の伝統である洗礼式は行われなかったが、洗礼の約束の更新が行われた。

教皇は説教で、この夜、神から来る希望という権利を受け取り、そして、あらゆる場所に希望の知らせ、いのちの歌をもたらすようにと、呼びかけた。

教皇フランシスコの、2020年度復活徹夜祭の説教は、以下のとおり。

**********

「安息日が終わって」(マタイ28,1)、婦人たちは墓を見に行った。こうして、聖なる徹夜祭の福音は、安息日(シャバット)と共に始まります。聖金曜日の十字架から、復活の主日のアレルヤまでをうち震えて待つ「過ぎ越しの聖なる三日間」の中で、聖土曜日は、わたしたちが最も忘れがちな日です。しかし、今年、わたしたちはいつにも増して、この聖土曜日を大いなる沈黙の日と感じています。あの日、墓を見に行った婦人たちの気持ちに、自分たちの気持ちを重ねることができるのです。わたしたちと同じように、婦人たちの目は苦悩のドラマを映し出していました。それはあまりにも突然訪れた、予測できない悲劇でした。わたしたちは死を目の当たりにし、心の中に死を抱えました。婦人たちも師イエスと同じ運命をたどるのかと、悲しみに怖れが加わりました。さらに、またすべてを一から始めなければならないという、未来への怖れがありました。記憶は傷つき、希望は押しつぶされました。婦人たちは、わたしたちと同じように、最も暗い時を生きていました。

しかし、この状況において、婦人たちは硬直してしまうことはありませんでした。嘆きと悲しみの暗い力に負けず、悲観主義に陥らず、現実から逃げることはありませんでした。彼女たちはつつましくも素晴らしい、ある行いをしました。自分たちの家でイエスの体に塗るための香料を準備したのです。彼女たちは愛をあきらめることはありませんでした。心の闇に、いつくしみを灯したのです。聖母は、安息日に祈り、望みをかけていました。苦しみの試練の中で、主により頼んでいました。これらの女性たちは、自分では知ることなく、あの安息日の闇の中で、歴史を変えたあの日の朝、「週の初めの日の明け方」のために準備をしていたのです。イエスは、地に蒔かれた種のように、この世に新しいいのちを芽吹かせようとしていました。そして、女性たちは、祈りと愛をもって、その希望が花開くのを助けていたのです。今、わたしたちが生きているこの悲しい日々にも、どれだけ多くの人々が、小さないたわりと、愛情と、祈りをもって、希望の芽を育てていることでしょう。

日が出るとすぐに、婦人たちは墓に行きました。そこで天使は彼女たちに言いました。「恐れることはない。復活なさったのだ」(参照:マタイ28,5-6)。彼女たちは墓の前でいのちの言葉を聞きました…。そして、その後、希望の源であるイエスご自身に出会ったのです。イエスは天使の言葉を裏付けるように言いました。「恐れることはない」(同28,10)と。恐れることはない。これは希望の告知です。それは今日のわたしたちに向けられています。それは、今、わたしたちが越えようとしているこの夜に、神がわたしたちに繰り返される言葉なのです。

この夜、わたしたちは、取り上げられることのない、基本的な権利を獲得するのです。それは希望の権利です。それは神から来る、新しい生きた希望です。それは単なる楽観主義ではありません。その場かぎりの慰めや励ましでもありません。それは、自分たちの力では得られない、天の贈り物です。わたしたちは人類のすばらしさに頼り、勇気の言葉を胸に、「すべてはうまくいくさ」と、ここ数週間、粘り強く言い続けてきました。しかし、日が経つと共に、怖れが大きくなった時、最も大胆な希望でさえも消えてしまうことがあります。イエスの希望はそうではありません。それは、神はすべてを善いものに変えてくださるという確信を心に生じさせるものです。なぜなら、神は墓からでさえも、いのちを引き出す方だからです。

墓は、一度入った者は出て来ない場所です。しかし、イエスはわたしたちのために出て来られ、わたしたちのために復活されました。それは、死のある所にいのちを、すべてが終わったと思われた場所に新しい歴史をもたらすためでした。墓の入り口の大きな石をひっくり返された主は、心をふさぐ重石をも動かすことができます。ですから、諦めたり、希望の上に重石を置くことがあってはいけません。神は忠実な方であると、わたしたちは知っており、またそれを知るべきです。神はわたしたちを独りにしないよう、訪ねてくださいます。神は、悲しみ、苦しみ、死など、わたしたちが置かれたあらゆる状況のもとにも訪れてくださいました。神の光は、墓の闇を照らし、今日、その光は、あらゆるいのちの最も暗い部分にまで及ぼうとしています。兄弟姉妹の皆さん、あなたが心の中に希望を葬り去ったとしても、諦めないでください。神はもっと偉大な方です。闇と死は勝利することはありません。勇気を出してください。神と一緒ならば、何も失うことはありません。

「安心しなさい」、これは福音書の中でイエスがいつも口にされる言葉です。福音書で、ただ一度だけ、他の人々がこの言葉を一人の貧しい人に言ったことがありました。「安心しなさい。立ちなさい。(イエスが)お呼びだ」(マルコ10,49)。復活された主は、助けを必要とするわたしたちを立ち上がらせてくださいます。あなたが弱く、歩きながらよろめき、倒れても、恐れることはありません。神があなたに手を差し伸べ、「安心しなさい」と言ってくださいます。しかし、あなたは『婚約者(マンゾーニ作)』のドン・アボンディオのように、「自分が持っていない勇気は、出すことができません」と言うかもしれません。たとえ自分がそれを持っていなくても、恵みとして受け取ることはできます。祈りの中で心を開くだけで十分です。イエスの光を入れるためには、心の入り口に置かれたあの石を少し持ち上げるだけでいいのです。「イエスよ、わたしの怖れの中においでください。そして『安心せよ』と言ってください」と、イエスに願うだけでいいのです。主よ、あなたと一緒なら、わたしたちは試練にあっても、揺らぐことはありません。どのような悲しみがあっても、乗り越えなければと感じるでしょう、あなたと共にいるならば、十字架は復活に導くからです。わたしたちの夜の闇にも、あなたは共にいてくださるからです。あなたは不安定なわたしたちの確かさ、わたしたちの沈黙の中の言葉です。あなたがわたしたちに育まれる愛を、何者もわたしたちから奪い取ることはできないでしょう。

復活の知らせは、希望の知らせです。その知らせには続きがあります。それは派遣です。「行って、わたしの兄弟たちにガリラヤに行くように言いなさい」(マタイ28,10)とイエスは言われ、「あなたがたより先にガリラヤに行かれる」と天使は言います。主はわたしたちの先を行かれるのです。主がわたしたちの前を歩かれるのは素晴らしいことです。主がわたしたちの人生と死を訪れたのは、わたしたちより先にガリラヤに行かれるためです。ガリラヤは主と弟子たちにとって、日常生活や家族や仕事を思い出させる場所です。イエスはわたしたちが毎日の生活の中に希望をもたらすことを望んでおられます。同時に、ガリラヤは、弟子たちにとって、特に初めて召し出された時の思い出の場所です。ガリラヤに帰ることは、神から愛され、召されたことを思い出すことです。無償の愛の召し出しから、わたしたちは生まれ、再び生まれることを思い出しながら、再び歩み出さなければなりません。ここが常に、特に危機や試練における、わたしたちの再出発の場所なのです。

しかし、それだけではありません。ガリラヤは彼らがいたエルサレムから最も遠い地方でした。地理的な意味だけではありません。ガリラヤは聖なる都の聖性から最も遠い場所でもありました。そこは、様々な宗教の異邦人たちが多く住む場所、「異邦人のガリラヤ」(マタイ4,15)でした。イエスは弟子たちをそこに派遣し、そこから再出発するように命じます。これはどういうことでしょうか。それは、希望の知らせには境がなく、すべての人にもたらされるべきということです。すべての人が励まされる必要があります。「いのちの言葉」(1ヨハネ1,1)に手で触れたわたしたちがそれをしなくて、誰がするのでしょうか。慰め、人の重荷を背負い、励ますキリスト者たちであること、死の時代に命を告げる者たちであることは、なんと素晴らしいことでしょう。あらゆるガリラヤ、あらゆる場所に、いのちの歌をもたらしましょう。死の叫びを静め、戦争を止めましょう。武器の生産と取引を止めましょう。わたしたちに必要なのはパンであり、銃ではありません。無実のいのちを殺す堕胎がなくなりますように。必要なものに事欠く人の空の手を満たすために、持っている人の心を開きましょう。

婦人たちは、最後に「イエスの足を抱く」ことができました(マタイ28,9)。その足は、わたしたちに会いに来るまでに、墓に入り墓から出るまでの、長い歩みをした足です。彼女たちは、死を踏みつけ、希望の道を開いた、その足を抱いたのです。わたしたちは希望をさがし求める巡礼者です。復活されたイエスよ、今日、わたしたちはあなたに身を寄せます。わたしたちは死に背を向け、いのちであるあなたに心を開きます。

11 4月 2020, 23:00