検索

Vatican News
教皇フランシスコ、2020年4月26日、日曜正午の祈り 教皇フランシスコ、2020年4月26日、日曜正午の祈り  (ANSA)

エマオの弟子たちの歩みを観想、教皇、日曜正午の祈り

教皇フランシスコは、日曜正午の祈りで、復活したイエスと二人の弟子たちのエマオ途上での出会いを観想された。

教皇フランシスコは、4月26日(日)正午、レジーナ・チェリの祈り(アレルヤの祈り)を、バチカン宮殿からビデオを通して唱えられた。

祈りの前の説教で、教皇は、この日の福音朗読箇所、ルカ福音書のエマオの旅人のエピソード(ルカ24,13-35)を取り上げられた。

教皇の説教は以下のとおり。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

今日の福音は、復活の日、エマオを舞台とした、二人の弟子の有名なエピソードです(参照:ルカ24,13-35)。これは「歩み」によって始まり、「歩み」によって終わる物語です。

まず、弟子たちの往路の旅があります。ここでは、弟子たちはイエスの受難と死という結末に心を痛め、エルサレムを去り、およそ11キロ離れたエマオという村に向かっていました。それは日中の旅で、道のりのほとんどは下り坂でした。そして、次に復路の旅があります。再び11キロの道のりを、日も暮れて、行きの旅の疲れの後で、上り坂を歩かねばならない旅でした。

二つの旅、それは日中の楽な道のりと、夜の険しい道のりでした。しかし、それにも関わらず、行きは悲しみの中に、帰りは喜びと共にありました。最初は主と一緒に歩みながらも、それが主だとはわからず、帰りは彼らの目に主は見えなくても、彼らは主を近くに感じていました。最初の旅では希望も失い、意気消沈していましたが、戻る時には、復活した主と出会った、その素晴らしい知らせを他の人たちに伝えるために、飛ぶように走っていました。

イエスの最初の弟子たちの、この二つの異なる歩みは、今日のイエスの弟子たちに、人生には、相反する二つの方向があることを教えています。一つは、この二人の弟子の行きの道のりのように、人生に失望するままに、悲しく歩いていく道です。もう一つは、自分自身と自分の問題を第一にせず、イエスがわたしたちを訪れてくれ、また助けを必要とする兄弟たちがわたしたちの訪れを待っている道です。

ここが分岐点です。過去の失望や、実現しなかった理想、人生で起きたつらい出来事など、自分自身の周りを堂々巡りするのをやめることです。そして、もっと大きな現実、人生の真理を見つめて前に進むことです。それは、イエスは生きておられ、わたしを愛してくださる、ということです。これは最も美しい現実です。そして、わたしは他者のために何かができる、ということ。これは前向きで、光に満ち、すばらしい現実です。

「わたし自身」への思いから「わたしの神」という現実へ、「もし…だったら」から「はい」という考えへと向かうならば、進行方向が変わります。

「神がわたしを解放してくれたなら、神がわたしの願いを聞いてくれたなら、人生が自分の思い通りになっていたら…」。「…が…だったら」と嘆くことは、自分のためにも他者のためにもなりません。これは二人の弟子が最初にとっていた態度でした。しかし、彼らは方角を変えました。「そうだ、主は生きておられ、わたしたちと一緒に歩いておられる。明日ではない、今だ。さあ、もう一度歩き出して、この知らせを告げに行こう」。「そうなのだ、人々がもっと幸福に、より良く生きられるために、わたしにはこれをすることができるのだ」。

嘆きから、喜びと平安へ。わたしたちが嘆いている時、わたしたちは喜びの中ではなく、悲しい灰色の空気の中にいます。これは成長を助けません。「…だったら」から「はい」へ、嘆きから奉仕の喜びへと向かいましょう。

自分から神へ、この方向転換はどのように起こったのでしょうか。それはイエスとの出会いからです。エマオの二人はまずイエスに対して心を開きました。次に、イエスが聖書について説明されることに耳を傾けました。そして、彼らはイエスを家に招いたのです。

これは、わたしたちも家の中で実践できる三つのプロセスです。一つ目は、イエスに心を開くことです。人生の重荷、疲れ、失望をイエスに託すのです。二つ目はイエスに耳を傾けることです。福音書を手に取り、今日、これと同じ箇所、ルカによる福音書第24章を読んでみることです。三つ目は、あの二人の弟子と同じ言葉をもって、イエスに祈ることです。「主よ、『一緒にお泊りください』(ルカ24, 29)。主よ、わたしとどまってください。わたしたち皆と一緒にとどまってください。道を見つけるために、わたしたちにはあなたが必要なのです。主よ、あなたなしでは、夜があるだけです。」と。

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、わたしたちは常に人生の中を歩んでいます。そして、わたしたちは、自分たちが向かっているものになるのです。自分にこだわる道ではなく、神の道を選びましょう。そして、イエスと共にいるのならば、わたしたちが立ち向かえない、突然の出来事も、坂道も、夜もない、ということがわかるでしょう。

神の御言葉を受け入れ、その人生のすべてを神への「はい」という答えにした聖母マリア、歩みの御母が、わたしたちに道を示してくださいますように。

26 4月 2020, 16:30