検索

Vatican News
教皇フランシスコ、ローマ教皇選出から7周年 教皇フランシスコ、ローマ教皇選出から7周年  (ANSA)

教皇フランシスコ、選出から7周年

教皇フランシスコは、2020年3月13日、ローマ教皇選出から7年を迎えた。

教皇フランシスコは、ローマ教皇に選出されてから、2020年3月13日で7周年を迎えられた。

教皇フランシスコ(本名:ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)は、2013年3月13日、ベネディクト16世の引退に伴うコンクラーベで、第266代目のローマ教皇に選出された。

在位8年目に入った教皇は、この記念日をバチカンでミサや祈りのうちに過ごされた。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在、教皇は日曜日の正午の祈りの集いと水曜日の一般謁見をバチカン宮殿から、また、参列者を伴わない形で、毎日の朝のミサをサンタ・マルタ館の礼拝堂から、それぞれビデオ中継を行われている。

この朝も、教皇はサンタ・マルタ館でミサを捧げられた。

説教の中で教皇は、新型コロナウイルスの感染者と家族、また同感染症のために苦しむすべての人々のために祈られた。

同時に、教皇は、司牧者たちが試練に置かれた人々に寄り添うための、最もよい方法を見い出すことができるよう、そのための力を神に願われた。

13 3月 2020, 15:47