検索

Vatican News
教皇フランシスコ、ローマの聖マルチェロ教会の磔刑像の前で祈る 2020年3月15日 教皇フランシスコ、ローマの聖マルチェロ教会の磔刑像の前で祈る 2020年3月15日 

教皇、ローマの2教会でパンデミック収束を祈る

教皇フランシスコは、ローマ市内の2つの教会で、パンデミックの収束のために祈られた。

教皇フランシスコは、3月15日午後、ローマ市内の2つの教会を訪れ、パンデミックの収束のために祈りを捧げられた。

バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長によれば、教皇は同日夕方、私的な形でバチカンを後にされ、聖マリア大聖堂(バシリカ・ディ・サンタ・マリア・マッジョーレ)を訪問された。

教皇は同大聖堂に保管される古い聖母子画「サルス・ポプリ・ロマーニ(ローマ人の救い)」の前で祈られた。

この聖母子画に対する教皇フランシスコの崇敬はよく知られており、教皇は様々な祭日はもとより、海外への司牧訪問の前後にも、この前で祈られている。

続いて、教皇は巡礼者として、ローマ中心街を貫くコルソ通りの一部を歩き、聖マルチェロ教会(キエーザ・ディ・サン・マルチェッロ・アル・コルソ)に向かわれた。

同教会には、1522年にペストがローマを襲った際、感染の鎮静を祈る宗教行列で掲げられたキリストの磔刑像がある。

当局からの禁止にも関わらず、民衆によって始められたこの宗教行列は、16日間にもおよび、この十字架を掲げた行列がローマのあらゆる地区を練り歩く中、ペストは次第に下火になっていったという。

1600年から、「聖年」を記念するたびに、聖マルチェロ教会から聖ペトロ大聖堂に向かう宗教行列が行われるようになった。十字架の裏には「聖年」が行われた年と、その時代の教皇の名前が彫られている。

教皇は同教会で、ローマを「大ペスト」から救ったという「奇跡の十字架」を見上げ、祈りを捧げられた。

この2つの教会への訪問を通して、教皇はイタリアをはじめ世界で拡大する新型コロナウイルス感染症の収束と患者たちの回復、また亡くなった方々の冥福と親しい人々への慰めを祈られた。

教皇の祈りは、仕事を通して社会のために奉仕する医療関係者、医師や看護師らにも向けられた。

教皇は、この訪問後、バチカンに戻られた。

16 3月 2020, 11:35