検索

Vatican News

教皇「主の祈り」を唱え、世界に神の憐みを祈る

教皇フランシスコは、3月25日、「主の祈り」をビデオを通し唱えられた。

教皇フランシスコは、現地時間3月25日(水)正午、「主の祈り」をビデオを通し、世界のキリスト者と共に唱えられた。

3月22日(日)の「お告げの祈り」の際、教皇は、パンデミックによる試練の中、キリスト者たちの一致した祈りを呼びかけておられた。

教皇は、バチカン宮殿の図書室からの中継で、祈りの前に次のように話された。

「親愛なる兄弟姉妹の皆さん

今日、わたしたちは、イエスがわたしたちに教えてくださった「主の祈り」を唱えるために、世界のすべてのキリスト者と共にここにいます。

子としての信頼をもってわたしたちは御父に向かって祈ります。

わたしたちは、毎日、何度もそうしています。しかし、今、わたしたちは、新型コロナウイルスの感染拡大の苦境にある人類のために、神に憐みを乞いたいと思います。そして、すべてのキリスト教教会と共同体、あらゆる宗派、年齢、言語、国に属するキリスト者と共に祈りたいと思います。

病者とその家族、医療関係者と彼らを助ける人々、行政当局、公安関係者、ボランティアの人々、また、わたしたちの共同体に奉仕する人々のために祈りましょう。

今日は、多くのキリスト者が、「神のお告げ」を祝う日です。おとめマリアの謙遜で完全な「はい」という態度は、神の御子の「はい」と重なるものでした。わたしたちも完全な信頼をもって、わたしたちを神の御手にゆだねましょう。そして心と魂を一つにして、祈りましょう。」

こうして、教皇は「主の祈り」をラテン語で唱えられた。

この後、聖ペトロ大聖堂で、アンジェロ・コマストリ枢機卿による、お告げの祈りとロザリオの祈りが行われた。

25 3月 2020, 15:30