検索

Vatican News

回勅「ラウダート・シ」から5年、記念週間の開催を予定

教皇フランシスコのエコロジーをテーマとした回勅「ラウダート・シ」発表から5年、記念ウィークが企画されている。

教皇フランシスコのエコロジーをテーマとした回勅「ラウダート・シ」が、2015年6月に発表されてから、間もなく5年を迎える。

同回勅の発表5周年を記念し、今年5月16日から24日まで「ラウダート・シ週間」が行われる。

教皇フランシスコは、このたびビデオを通し、世界中のカトリック教会に、この記念ウィークへの参加を呼びかけられた。

ビデオの中で教皇は次のように述べている。

「どのような世界を、わたしたちの次の世代に、今成長しつつある子どもたちに残したいと思いますか。

この問いに促されて、皆さんに2020年5月16日から24日まで行われる『ラウダート・シ週間』への参加を呼びかけたいと思います。

これは『共通の家』への配慮をめぐる回勅、『ラウダート・シ』発表から5周年を記念して行われるグローバルなキャンペーンです。

環境危機に応えるための緊急アピールを繰り返したいと思います。地球の叫びと貧しい人々の叫びはこれ以上待つことはできません。

創造主なる善き神の贈り物である、被造物を大切にしましょう。『ラウダート・シ週間』を一緒に記念しましょう。

神の祝福が皆さんにありますように。わたしのために忘れず祈ってください。ありがとうございます。」

03 3月 2020, 15:40