検索

Vatican News
「お告げの祈り」後、窓辺で祈る教皇フランシスコ、2020年3月29日 「お告げの祈り」後、窓辺で祈る教皇フランシスコ、2020年3月29日   (AFP or licensors)

新型コロナウイルス:教皇「世界の武力紛争の停止を」

教皇フランシスコは、パンデミックの危機にある世界に、武力紛争の即時停止をアピールされた。

 

教皇フランシスコは、3月29日(日)正午、「お告げの祈り」をバチカン宮殿からビデオを通して行われた。

この席で教皇は、パンデミックの危機にある世界に、武力紛争の即時停止と人道支援の回廊構築の促進を、次のように呼びかけられた。

**********

「親愛なる兄弟姉妹の皆さん

数日前、国連事務総長は、現在の新型コロナウイルスによるとどまることを知らない危機的状況の観点から、「世界各地の紛争のグローバルかつ速やかな停戦」を訴えました。これは、完全な停戦へのアピールです。

わたしはこのアピールを受け入れる人々と心を合わせると共に、あらゆる形の武力的対立を止め、人道支援回廊の構築を促し、外交に開き、最も弱い立場にある人々に配慮するようよう呼びかけたいと思います。

パンデミックに対抗するための共通の取り組みを通して、唯一の家族の一員として兄弟愛に基づく絆を強める必要に、皆が気づくことができますように。特に、当事国や関係国の指導者に、敵対関係を克服するための新たな努力を呼び覚ますことができますように。

対立は戦争では解決しません。敵対や反目を超え、対話を通し、建設的に平和を追求することが必要です。」

29 3月 2020, 16:30