検索

Vatican News
教皇フランシスコ、2020年3月1日、バチカンでの日曜正午の祈り 教皇フランシスコ、2020年3月1日、バチカンでの日曜正午の祈り  (ANSA)

教皇、難民危機を憂慮、祈りを呼びかける

教皇フランシスコは、日曜正午の祈りで、難民たちのために祈りを呼びかけられた。

教皇フランシスコは、3月1日(日)、バチカンで正午の祈りを唱えられた。

この集いで教皇は、始まったばかりの四旬節の歩みが、豊かな霊的実りと善行に満ちたものになるようにと願われた。

教皇は、ここ数日伝えられる、戦争のために土地を追われ、助けを求める人々の急増に深く心を痛めている、と述べ、これらの難民のために祈りを呼びかけられた。

教皇のアピールは、特にシリア北西部で激化する武力紛争と、それによる難民危機を背景に行われた。

また、教皇は、同日午後からローマ近郊アリッチャで始まる、バチカンの高位聖職者を対象とした四旬節の黙想会に言及。

教皇ご自身は、今年は風邪のために現地での参加を見送られたが、バチカンから黙想参加者らと精神的に一致したい、と述べられた。

01 3月 2020, 18:31