検索

Vatican News
教皇フランシスコ、教育テーマのセミナー参加者と 2020年2月7日 教皇フランシスコ、教育テーマのセミナー参加者と 2020年2月7日  (Vatican Media)

教皇「教育を考えることは、人類の未来を考えること」

教皇フランシスコは、教育の重要性を考えるセミナー参加者とお会いになった。

教皇フランシスコは、2月7日、教育をテーマとするセミナーの参加者との出会いを持たれた。

このセミナーは、「教育:グローバル・コンパクト」をテーマに、教皇庁立社会科学アカデミーが主催したもので、今年5月14日にバチカンで開かれるイベント「教育のためのグローバル・コンパクト」の準備として行われた。

教皇は関係者への言葉で、今日、世界の人々の教育へのアクセスに大きな不平等が見られることを指摘。

貧困・差別・気候変動・無関心の拡大、人間を物のように扱う風潮など、様々な原因から生じる不平等が、無数の子どもたちの可能性の開花を妨げている、と話された。

今日、わたしたちは人間と教育の関係を見直すために、教育のための新しい協定を構築する必要がある、と述べた教皇は、「教育を考えることは、人類の未来を考えること」と強調された。

また、教皇は、教育には家庭・学校・社会制度・文化・宗教などの責任ある連帯が必要であるが、特に「教育のための新しいグローバル・コンパクト」においては、教育クオリティー向上のために、教育事業に対する家庭と地域共同体の積極的な参加が望まれる、と述べられた。

教育におけるもう一つの課題として、教皇は未来の世代を育成する教育者たちへの支援を挙げられた。

次世代の教育は、いつかではなく今取り組むべき問題、と述べた教皇は、関係者たちの情熱と努力に期待された。

07 2月 2020, 15:19