検索

Vatican News
ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂で行われたエキュメニカルな夕べの祈り 2020年1月25日 ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂で行われたエキュメニカルな夕べの祈り 2020年1月25日  (ANSA)

ローマの聖パウロ大聖堂で、エキュメニカルな夕べの祈り

「キリスト教一致祈祷週間」の最終日、教皇フランシスコはエキュメニカルな夕べの祈りをとり行われた。

1月18日から始まった「第53回キリスト教一致祈祷週間」は、「聖パウロの回心」を祝った25日、最終日を迎えた。

同日午後、教皇フランシスコは、ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂(サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ)で、エキュメニカルな夕べの祈りをとり行われた。

この集いには、正教会のエキュメニカル総主教府使節や、英国国教会カンタベリー大主教のローマ代理、教皇庁キリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿などが出席。

教皇と代表らは使徒聖パウロの墓前で、そしてイタリアのテルモリからもたらされた、聖パウロの弟子・聖テモテの聖遺物の前で共に祈った。

今年の「キリスト教一致祈祷週間」のテーマは、「人々は大変親切にしてくれた」(使徒言行録28・2参照)。

教皇は、集いにおける説教で、「使徒言行録」中の、使徒パウロたちを乗せた船が暴風により漂流し、打ち上げられたマルタ島で一同が住民から温かいもてなしを受けた出来事を振り返った。

教皇は、「使徒言行録」のエピソードは、わたしたちキリスト者の、神が望まれる一致への旅路でもある、と話された。

パウロの遭難の体験は、しばしば最も傷つきやすく弱い立場にある人々が、最も大切な救いのメッセージをもたらすことができることを物語っている、と教皇は述べ、世界の各地で疎外や迫害にあっているキリスト者たちの存在を思い起こされた。

また、神は一緒に航海するすべての者を自分に任せてくださった、と、パウロが天使のお告げを人々に説明しているように、神にとって何より大切なことは、「すべての人々の救い」である、と教皇は強調された。

教皇は、マルタの人々のまれに見る親切、特に一同が雨と寒さをしのげるようにと島の住民が焚いてくれた火は、人間的な温かさのシンボルである、と語られた。

この「キリスト教一致祈祷週間」を機会に、わたしたちも、キリスト者間はもとより、異なる宗教の信者たちに対しても、もてなしの心を学ぼう、と話された教皇は、受容の精神をキリスト者の共同体と家庭の伝統として示された。

26 1月 2020, 11:39