検索

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカン・パウロ6世ホールでの一般謁見 2020年1月22日 教皇フランシスコ、バチカン・パウロ6世ホールでの一般謁見 2020年1月22日  (Vatican Media)

「もてなしとは、エキュメニカルな愛徳」教皇、一般謁見で

教皇フランシスコは、一般謁見で「使徒言行録」をテキストに、今年の「キリスト教一致祈祷週間」のテーマをめぐり講話を行われた。

教皇フランシスコは、1月22日、バチカンで水曜恒例の一般謁見を行われた。

教皇によるカテケーシス(教会の教えの解説)では、現在開催中の「キリスト教一致祈祷週間(1月18日~25日)」のテーマ、「人々は大変親切にしてくれた」(使徒言行録28・2参照)をめぐり講話を行われた。

教皇は、これを機会に、先々週のカテケーシスで取り上げた、使徒パウロたちを乗せた船の難破と、着岸したマルタ島における住民のもてなしのエピソード(使徒言行録27~28章)を再び、次のように振り返った。

ローマに向かうパウロたちの船は暴風に巻き込まれ、太陽も星も見えない中、14日間も漂流を続けた。270人以上いた船上の一同は動揺し、もはや助かる望みも失っていた。

しかし、信仰に支えられ、希望を失わないパウロは、皆に話しかけ、励ました。パウロは、誰一人命を失うことはない、自分は福音をもたらすよう神から召されており、神は一緒に航海している皆を自分に任されたのだ、と、神の天使から告げられたことを語った。

パウロのこの言葉は、船がマルタ島に乗り上げ、全員が無事上陸した時に現実のものとなった。

荒れ狂う嵐の海とは対照的に、マルタ島では住民たちが貴重な人間性をもって一同をもてなした。

教皇は、マルタの住民はまだキリストの福音に接していなかったが、親切な行為をもって神の愛を具体的に表した、と述べ、自然なもてなしと気遣いの行為は、神の愛の何かを伝えるもの、と話された。

マルタの人々のもてなしに対し、パウロは島の病人たちを癒した。パウロにとってマルタの人々は神の摂理のしるしであったと同時に、マルタの人々にとってパウロは神のいつくしみの愛の証人であった、と教皇は語った。

「もてなしとは、エキュメニカルな愛徳」と述べた教皇は、それにはまず、キリスト者同士が真の兄弟であることを認め、異なる歴史を持つ共同体に耳を傾けることが必要、と強調した。

パウロたちの船が漂流した海は、今日、暴力や戦争、貧困から逃れた人々の危険な旅の舞台になっている、と教皇は指摘。

これらの人々は、パウロたちのように、人々の無関心や、砂漠や川や海の厳しさを体験し、時には、人間以下の扱いを受け、人身取引の犯罪に搾取されている、と話された。

教皇は、これらの移民たちに神の愛を示し、すべての人は神にとって大切で愛された存在であることを証しするために、キリスト者は共に働かなければならない、と説かれた。

そして、特に弱い立場の人をはじめとする、人々のもてなしのために、すべてのキリスト者がエキュメニカルな協力をすることで、よりよい使徒、よりよい一致したキリスト者の民となることを期待された。

 

22 1月 2020, 16:32