検索

Vatican News
教皇フランシスコ、駐バチカン外交団との新年の挨拶交換 2020年1月9日 教皇フランシスコ、駐バチカン外交団との新年の挨拶交換 2020年1月9日 

「核兵器のない世界は可能であり必要」教皇、駐バチカン外交団に

教皇フランシスコは、駐バチカン外交団と新年の挨拶を交換された。

教皇フランシスコは、1月9日、駐バチカン外交団に新年の言葉をおくられた。

バチカン宮殿の王宮の間で行われたこの恒例の出会いには、現在バチカンと外交関係を持つ183カ国に、マルタ騎士団と欧州連合を加えた、185の国と組織の代表が集った。

教皇はこの挨拶の中で、昨年行われた海外司牧訪問や教会の行事を振り返りつつ、そこから各地の紛争や緊張状態、未成年者の虐待、環境保全、核兵器非保有など、今日の世界と教会が抱える現状と課題を浮きぼりにされた。

こうした中にも教皇は、平和と人類の統合的発展のため、対話を促し希望を励ます、教皇庁の外交方針を示された。

教皇は、昨年初め、パナマで開催された「世界青年の日(ワールドユースデー)」における、社会の未来と希望である若者たちとの出会いを、喜びをもって思い起こす一方、聖職者らを含む多くの大人たちによって、若者や子どもたちの尊厳に対する重大な犯罪が行われていることに遺憾を表された。

昨年2月バチカンに招集された未成年者の保護をめぐる司教会合に触れながら、教皇は様々な角度からの規則をもってこの問題にあたっていく所存を述べた。

まさに若者たちによって積極的に提起されている環境問題を受け、教皇は統合的な「エコロジー的回心」を急務として掲げると共に、地球温暖化現象への国際社会の賢明な取り組みを呼びかけられた。また、昨年秋のアマゾン地域をテーマとしたシノドスでも、環境問題が重要な議題となったことを指摘された。

教皇は昨年2回目の海外司牧訪問として訪れたアラブ首長国連邦で、アル=アズハルのグランド・イマーム、アフマド・アル・タイーブ師と、共同文書「世界平和のための人類の兄弟愛」に署名したことに言及。この文書が宗教の自由と新しい世代の諸宗教対話を促進するものとなるよう願われた。

今日の世界情勢の中でも、教皇は特にシリアの平和と再興のための解決策を緊急課題として示された。

また、教皇はイランと米国間の緊張を深く憂慮され、対立を回避し、国際法の尊重のうちに、対話と自制を保つようアピールされた。

昨年11月に訪れた日本で、「人類が体験しうる限りの苦しみと恐怖にじかに触れた」と語る教皇は、「広島と長崎の被爆者の証言に耳を傾ける中で、核兵器による人類絶滅の脅威の上に真の平和を築くことはできないとの思いを強くした」と話された。

「被爆者は1945年8月に起きた恐怖と、今日まで続く筆舌に尽くしがたい苦しみを、後世に決して繰り返させないとの共通の思いを、生きたともし火として保ち続けている」

「核兵器のような、高度な破壊力を持った兵器による支配と破壊へのあらゆる願望を前に、人類の良心がより強まるよう、被爆者たちの証言は、犠牲者たちの記憶を呼び覚まし、保っている」

「核兵器は、恐怖や、不信、敵意を広めるだけでなく、希望を破壊する。核兵器の使用は、倫理に反するものであり、人類とその尊厳に対するだけでなく、わたしたちの共通の家のあらゆる未来に対する犯罪である」

と、教皇はこのように話された。

「核兵器のない世界は可能であり、必要である」と述べた教皇は、大量破壊兵器の保有が世界を安全にするわけではないことを十分に意識するようにと、政治責任者たちに訴えられた。

09 1月 2020, 15:17