検索

Vatican News
中国のマスク工場で 2020年1月26日 江蘇省揚州市 中国のマスク工場で 2020年1月26日 江蘇省揚州市  (AFP or licensors)

教皇、ハンセン氏病患者に連帯表明、新型肺炎感染者のために祈り

教皇フランシスコは、日曜正午の集いで、「世界ハンセン病の日」に言及すると共に、中国で感染が拡大する新型肺炎の患者のために祈られた。

1月26日、2020年度の「世界ハンセン病の日」が記念された。

教皇フランシスコは、同日バチカンで行われた日曜正午の集いで、「ハンセン病の日」に言及。ハンセン病患者および様々な形で患者たちの治療に取り組む人々に、精神的連帯を示された。

また、この席で、教皇は中国で感染が拡大する新型肺炎の患者たちにも思いを向けられた。

教皇は、新型肺炎の犠牲者の冥福と遺族の慰めを、またこの感染症と闘う中国社会の大きな努力への支えを神に祈られた。

26 1月 2020, 14:28