検索

Vatican News
教皇フランシスコ、2019年12月26日、バチカンでの正午の祈り 教皇フランシスコ、2019年12月26日、バチカンでの正午の祈り 

聖ステファノ祝日:教皇「天の栄光は、愛と献身から」

教皇フランシスコは、聖ステファノの祝日に、バチカンで正午の祈りの集いを行われた。

カトリック教会の典礼暦は、主の降誕の祭日の翌日、12月26日、キリスト教の最初の殉教者、聖ステファノ助祭を記念する。

教皇フランシスコは、この日、バチカンで多くの巡礼者たちと共に正午の祈りを行われ、説教の中で聖ステファノの祝日の意義について話された。

降誕祭の喜ばしい雰囲気の中で、キリスト教の最初の殉教者を記念することは、一見ふさわしくない印象を与えるが、信仰の眼差しでとらえる時、この殉教者の祝日は、クリスマスの真の意味と呼応するものである、と教皇は述べられた。

聖ステファノが殉教という至上の証しの時、天が開けるのを観想し、自分を迫害する者たちを赦したことを思い起こしつつ、教皇は、その殉教において愛は暴力に、いのちは死に打ち勝つことになった、と話された。

聖霊に満ち、言葉だけでなく、特に行いをもってイエスを語り、その生涯と死を通して師イエスと似た者となった、福音の若き奉仕者、聖ステファノの学び舎で、わたしたちも、御父の忠実な証しであるイエスを見つめ、天の栄光は富や権力ではなく、愛と献身からなることを学ぶように、と教皇は招かれた。

教会の最初の7人の助祭の一人であったステファノは(参照:6,1-6)、福音的な兄弟愛と愛徳の業を通してキリストを告げることをわたしたちに教え、殉教によって頂点に達したその証しは、わたしたちのキリスト教共同体の刷新のための源泉である、と教皇は話された。

キリスト教共同体は、常により宣教的に、希望と救いに渇くすべての人々のもとに福音をもたらすように召されていると述べた教皇は、その共同体は、この世の論理を追わず、自分を中心に置くことなく、神の栄光と、小さく貧しい人々をはじめとする、すべての人々の善だけを求めるものでなくてはならない、と説かれた。

教皇は、キリスト教の最初の殉教者聖ステファノの祝日に、過去と現在のすべての殉教者たちを思い起こし、彼らとの交わりを感じ、イエスの名を心と唇に保ちながら生きて死ぬ恵みを彼らに願うよう、呼びかけられた。

26 12月 2019, 15:32