検索

Vatican News

教皇、タイ訪問前にビデオメッセージ

教皇フランシスコは、タイ訪問を前にメッセージをおくられた。

教皇フランシスコは、タイ訪問を前に、同国の国民にメッセージをおくられた。

教皇は、タイ王国を2019年11月20日(水)から23日(土)まで訪問される。

タイ国民に向けたメッセージで、教皇は次のように話された。

**********

親愛なる友人の皆さま

タイへの司牧訪問を前に、皆さまに愛情を込めて挨拶をおおくりします。

多民族を擁し、多くの精神的・文化的伝統を持つ国として、タイは、自国民の間だけでなく、南東アジアのすべての地域において、調和と平和的共存を推進するための多大な努力をしました。

あまりにもしばしば不和や分裂、排除が見られるこの世界において、すべての男女、子どもたちの尊厳が尊重される、一致を形作る協調は、わたしたち人類家族が連帯と正義のうちに平和を生きられるよう、偉大な真の発展の促進に取り組んでいる世界中の善意の人々の努力を励ますことでしょう。

わたしの訪問中、タイのカトリック共同体と集い、信仰と全社会への貢献を励ます機会を持ちます。彼らはタイ人として、祖国のために働かなければなりません。

そして、多くの仏教徒の兄弟姉妹たちとも、分かち合う友情の絆を強めたいと思います。仏教徒の方々は、タイ国民の大きな特徴である寛容と調和の価値を雄弁に証ししておいでです。

わたしの訪問が、相互理解と兄弟的協力の諸宗教対話の重要さを際立たせることに貢献するよう信じます。特に貧しい人々、助けを必要とする人々への奉仕と、平和への奉仕においての協力が必要です。そして今、わたしたちは平和のために働く必要が大いにあります。

すでに多くの方々がわたしの訪問の準備のために働いておられると思います。皆さまに心からお礼申し上げます。親愛なる友人の皆様を、この日々、祈りの中で思い起こします。皆さまのため、皆さまのご家族のため、祖国のために祈ります。そして、わたしのためにもどうか祈り続けてください。ありがとうございます。

15 11月 2019, 12:30