検索

Vatican News

タイ訪問:教皇、病院で医療関係者や患者との出会い

教皇フランシスコは、11月21日午前、バンコク市内の病院で医療関係者や患者らとの出会いを持たれた。

タイ訪問2日目、教皇はセントルイス病院を訪問された。

1898年、当時のシャムにおける代牧、ルイス・ヴェイ大司教によって創立された同病院は、昨年創立120年を迎えた。

この機会のために心を込めて飾り付けが行われたセントルイス病院で、教皇は医療スタッフはもとより、患者や家族たちの盛大な歓迎を受けられた。

教皇は挨拶で、「愛のあるところに、神はおられる」という同病院の精神に触れつつ、関係者らは単なる医療上の仕事を超えて、偉大ないつくしみの業を行っている、と話された。

患者一人ひとりを見つめ、その名前を呼ぶ時、皆さんはキリストの弟子であり、宣教者であることを忘れないよう、教皇は願われた。

医療を通して使徒職に取り組む人々の存在を神に感謝された教皇は、苦しむ人にキリストの愛をもたらすこのミッションが「外に向かう教会」の目に見えるしるしとなっていくようにと望まれた。

この後、教皇は病院のホールで患者や障害者らと交流され、励ましの言葉や祝福を与えられた。

21 11月 2019, 10:57