検索

Vatican News
教皇フランシスコ、バンコクのワット・ラーチャボピット寺訪問 2019年11月21日 教皇フランシスコ、バンコクのワット・ラーチャボピット寺訪問 2019年11月21日  (ANSA)

タイ訪問:教皇、バンコクの寺院で仏教の最高指導者との出会い

教皇フランシスコは、バンコクのワット・ラーチャボピット寺で仏教の最高指導者らとお会いになった。

教皇は、11月21日午前、バンコク市内のワット・ラーチャボピット寺を訪問、タイ仏教僧団の最高指導者らと会見された。

教皇は、タイの仏教指導者らへの挨拶で、タイにおいて仏教が人々に与えている精神価値、命やお年寄りの尊重、観想的で執着から離れた簡素な生活、また特に人々の微笑などに言及された。

タイ仏教界とカトリック教会との相互理解と尊重の歩みの歴史として、教皇は50年前の第17代大僧正のバチカン訪問や、1984年のヨハネ・パウロ2世のこの寺院への訪問などを思い起こされた。

教皇は、こうした歩みの積み重ねが、両宗教界だけでなく、分裂や疎外の広がる今日の世界に、出会いの文化は可能であることを証ししてくれる、と話された。

互いの違いを認め合い、評価し合う機会に、わたしたちは世界に希望の言葉を与えることができると述べた教皇は、宗教が兄弟愛を保証する希望の灯台となることを願われた。

21 11月 2019, 10:04