検索

Vatican News
教皇フランシスコ、バンビーノ・ジェズ小児科病院の関係者との集いで 2019年11月16日 教皇フランシスコ、バンビーノ・ジェズ小児科病院の関係者との集いで 2019年11月16日  (Vatican Media)

教皇、バンビーノ・ジェズ小児科病院の関係者と

教皇フランシスコは、創立150年を迎えたローマのバンビーノ・ジェズ小児科病院の関係者らとお会いになった。

教皇庁が管理するローマのバンビーノ・ジェズ小児科病院は、今年創立150年を迎えた。

教皇フランシスコは、11月16日、同病院の小さな患者たちをはじめ、家族、医療スタッフ、ボランティアからなるおよそ6千人と、バチカンのパウロ6世ホールでお会いになった。

教皇は子どもたちと交流され、家族らを勇気づけられた。

参加者らへの挨拶で教皇は、19世紀半ば、バンビーノ・ジェズ病院の創立のためにローマのサルヴィアーティ家が尽くした寛大な行為を思い起こされ、その実りが今、国際的レベルにまでに広がったことを喜ばれた。

教皇は、同病院が倫理的権威世界のもとに、多くの国々から子どもたちを受け入れていることに触れつつ、国際機関が医療支援の回廊構築を推進し、すべての国で基本的な健康維持への必要に応える体制が整うことを願われた。

「神の祝福は皆さんの手の上にあります」と話しながら、教皇は同病院の医療関係者らに、小さな患者たちに愛情を注ぎ、教会の教えに基づく、福音を証しする奉仕を続けるよう、励ましを与えられた。

16 11月 2019, 14:22