検索

Vatican News
教皇フランシスコ、刑務所司牧テーマの国際会議参加者と 2019年11月8日 教皇フランシスコ、刑務所司牧テーマの国際会議参加者と 2019年11月8日  (Vatican Media)

教皇「切り捨ての文化を乗り越え、受刑者への寄り添いを」

教皇フランシスコは、刑務所司牧を考える国際会議の参加者とお会いになった。

教皇フランシスコは、11月8日、刑務所司牧をめぐる国際会議の参加者とお会いになった。

教皇庁人間開発省(長官:ピーター・タークソン枢機卿)の主催によるこの会議では、「人間の統合的成長とカトリック教会の受刑者司牧」をテーマに、ラテンアメリカ、米国、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニアの刑務所付司祭らが集い、意見を交換した。

教皇は参加者への言葉で、しばしば教育より抑圧、成長の機会を提供するより閉じ込めることを容易と考える、刑務所の現実を見つめられた。

これに対し、刑務所とは社会復帰へのプロセスを促し、人間的成長と、教育、就労、健康へのアクセスを保証する場所でなくてはならない、と述べられた。

教皇は、過ちを犯した人に更生のための助けを差し伸べるより、切り捨てをよしとする社会・文化を乗り越え、教会は司牧を通して受刑者にいっそう寄り添うべきと説かれた。

こうした中、教皇は受刑者への司牧を考える上での、二つのイメージを示された。

一つは刑務所の居室の「窓」である、と述べた教皇は、地平の彼方を見つめずして人生を変えることはできない、いかなる受刑者にも地平線を見つめるための窓が必要、と話した。

もう一つは、受刑者への面会を求める女性たち、特に母親たちのイメージである、と教皇は語った。

これらの母たちは恥を恐れず、受刑者である息子たちのために、顔を隠すことなく会いに来る。教会もこれらの女性たちの母性と行動から学ばなくてはならない、と話された。

教皇は、日頃刑務所で受刑者に奉仕する人々を、聖母の保護に託して祈られた。

08 11月 2019, 18:23