検索

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年10月30日 教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年10月30日 

「宣教者を導く聖霊は、福音宣教の主役」教皇、一般謁見で

教皇フランシスコは、一般謁見で、「使徒言行録」に記される使徒パウロたちのフィリピでの宣教をテーマに講話された。

教皇フランシスコは、バチカンで10月30日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中、教皇は「使徒言行録」をテキストに、福音の旅をめぐるカテケーシスを続けながら、この日は、ヨーロッパに上陸したキリスト教信仰をテーマに話された。

教皇は、「使徒言行録」を読むことで、聖霊が福音宣教の主役となって宣教者たちの歩みを導いていることを知る、と述べられた。

そして、その聖霊の働きは、トロアスに下った使徒パウロが幻を見、その中でひとりのマケドニア人が「マケドニア州に渡って来て、わたしたちを助けてください」(使徒言行録16,9)と願うのを聞き、神が自分たちを召されているとの確信のもと、すぐに旅立ったエピソードからも明らかである、と話された。

パウロたちは、「マケドニア州第一区の都市で、ローマの植民都市であるフィリピ」(同16,12)に行き、数日間滞在した。

教皇は、パウロたちがフィリピで体験した3つの出来事を振り返った。

一つは、パウロがリディアという婦人と家族に宣教し、洗礼を授けたことである。

リディアは紫布を商う、神をあがめる婦人であったが、「パウロの話しを注意深く聞くために」(同16,14)主は彼女の心を開かれた。リディアは家族と共に洗礼を受けた後、パウロたちを家に招待し泊めた。

教皇は、わたしたちがここに見るのは、キリスト教がヨーロッパに上陸した証しであり、これが今日まで続く、インカルチュレーションのプロセスの始まりとなった、と説明された。

フィリピで起きた2つ目の出来事は、リディアの家での心温まる体験とは対照的に、パウロとシラスが投獄されるという、厳しい体験であった。

パウロは、占いの霊に取りつかれた女奴隷を、その霊から解放してやった。しかし、この女奴隷は占いをして主人に多くの利益を得させていたため、金もうけができなくなった主人はパウロとシラスを捕え、役人に引き渡し、彼らが町を混乱させたと訴えた。二人は何度も鞭で打たれ、牢に投げ込まれた。

パウロとシラスは、嘆く代わりに、牢の中で賛美の歌をうたい、神に祈っていた。すると、大地震が起こり、牢の戸が開き、すべての囚人の鎖がはずれた。

教皇は、神への賛美が解放の力を起こさせ、聖霊降臨の祈りと同様に、牢獄においても祈りは奇跡を起こした、と語った。

パウロたちのフィリピにおける3つ目の体験は、看守とその家族の回心と受洗であった。

囚人たちが逃げてしまったと思った看守は自害しようとしたが、パウロは「わたしたちは皆ここにいる」と叫んだ(同16,27-28)。

看守の「救われるためにはどうすべきでしょうか」(同16,30)という問いに、パウロは「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます」(同16,31)と答えた。

看守と家族は主の言葉に耳を傾け、真夜中にも関わらず、パウロたちの傷を洗ってやり、皆で洗礼を受けた。

教皇は、「真夜中に、この無名の看守にキリストの光が輝き、光が闇に打ち勝った。心の鎖は外れ、彼と家族の中に今まで知らなかった喜びが花開いた」と語った。

このエピソードに見るように「聖霊は宣教の主役である」と述べた教皇は、「福音をもたらすために、聖霊はわたしたちを前進させる。わたしたちは聖霊が促す召命に忠実でなければならない」と話された。

30 10月 2019, 17:48