検索

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年10月16日 教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年10月16日  (AFP or licensors)

教皇「福音を告げる者は、神の創造的な御業を妨げてはならない」

教皇フランシスコは、一般謁見で「使徒言行録」をテキストにカテケーシスを行われた。

教皇フランシスコは、バチカンで10月16日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中のカテケーシス(教会の教えの解説)で、教皇は「使徒言行録」中の、使徒ペトロが百人隊長コルネリウスの家で福音を告げたエピソードを考察された。

神は御自分のすべての子らが、あらゆるこだわりや制約を超えて、救いの普遍性を受け入れることを望んでおられる、と述べた教皇は、水と聖霊によって新しい生を受けた者たちは、自分自身を他者に開き、すべての関係を兄弟愛の体験へと変えて行くよう招かれている、と話された。

教皇は、ユダヤ人が異邦人と交際することは律法で禁じられていたにも関わらず、ペトロが異邦人コルネリウスを訪ねたのは、聖霊の促しがペトロのメンタリティーを変え、兄弟愛へと向かわせたからであると話された。

そして、教皇は、コルネリウス訪問の前にペトロが見た幻について言及。

ペトロは、その幻で、中に「あらゆる獣、地を這うもの、空の鳥」が入った大きな布が天から降りてくるのを見、「屠って食べなさい」という声を聞いた。「清くない物、汚れた物は何一つ食べたことがありません」とペトロが答えると、「神が清めた物を、清くないなどと、あなたは言ってはならない」という声が聞こえた (参照:使徒言行録 10,11-15)。

教皇は、主はこの幻を通して、ペトロに出来事や人物を清いか、そうでないかで判断せずに、それを超えて、人物そのものとその心の意図を見ることを望まれた、と述べられた。

この幻の後、神はペトロを異邦人コルネリウスの家に派遣した。コルネリウスは「『イタリア隊』と呼ばれる部隊の百人隊長で、信仰心あつく、…神を畏れ」る人であった(参照:同10,1-2)。

この異邦人の家でペトロは、十字架につけられ、死に、復活したキリストを告げ、「イエスを信じる者はだれでもその名によって罪の赦しが受けられる」(同10,43)ことを説いた。ペトロがこれらのことを話しているうちに、コルネリウスと一同の上に聖霊が降った(参照:同10,44)。そして、ペトロは、イエスキリストの名によって彼らに洗礼を授けた(参照:同10,48)。

しかし、この出来事がエルサレムの兄弟たちの耳に入ると、彼らはペトロの行為に驚き、非難した(参照:同11,1-3)

教皇は、ペトロはコルネリウスとの出会いの後、自分自身からより自由になり、神と他者に対してより交わりの状態にあった、と指摘。なぜならペトロは聖霊の働きのもとに、神の御旨を見たからである、と話された。

ペトロのこのエピソードから学ぶべきことは、福音を告げる者は、「すべての人々が救われることを望んでおられる」(参照:1テモテ2,4)神の創造的な御業を妨げてはならず、むしろ主との心の出会いを助けなくてはならないということ、と教皇は説かれた。

16 10月 2019, 17:45