Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカンのシノドスホールで 2019年10月7日 教皇フランシスコ、バチカンのシノドスホールで 2019年10月7日  (Vatican Media)

アマゾン特別シノドス:教皇、全体会議で導入の挨拶

「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」の開始にあたり、教皇フランシスコは会議場の司教らに挨拶をおくられた。

10月6日(日)、バチカンでとり行われた教皇フランシスコと参加司教の共同司式のミサによって、「アマゾン周辺地域のための特別シノドス(世界代表司教会議)」が開幕した。

シノドス2日目にあたる10月7日(月)午前、教皇フランシスコ出席のもと、第一回目の全体会議が、バチカンのシノドスホールで行われた。

会議開始前、教皇は聖ペトロ大聖堂で参加司教らと共に、これから始まるシノドスのために祈られた。

大聖堂では、アマゾン地域を代表する先住民の人々が、伝統の調べに声を合わせ、宗教行列を行った。教皇はこれらの人々に伴われながら、シノドスホールへと向かわれた。

教皇は、第一回目の全体会議の開始にあたり、導入の挨拶をおくられた。

この中で教皇は、アマゾンの人々を理解し、これらの人々に奉仕するために、司牧・文化・社会・エコロジーなどの視点からのアプローチを通して、謙虚さと勇気をもって耳を傾け、考察、対話するよう、司教らを励まされた。

教皇は、アマゾンの民族の歴史や文化、生活様式や感受性を尊重しながら、そっと人々に寄り添って欲しい、と願われた。

この会議は、社会発展や文化保護の計画や、森林破壊や搾取に対するアクションを話し合うことを意図していないと述べた教皇は、世俗から離れて、使徒・宣教者としての眼差しと心を持って、改宗主義に陥ることなく、アマゾンの人々の現実の尊重のもとに討議が行われることを希望された。

07 10月 2019, 17:47