Cerca

Vatican News

7月の教皇の祈りの意向:正義の促進にかかわる人々のために

教皇フランシスコは、7月の祈りの意向について、ビデオメッセージをおくられた。

カトリック教会は、毎月、「教皇の祈りの意向」を示し、教会全体が日々の祈りの中で、その意向に基づいて祈るように招いている。

2019年7月は、「ゆるぎない正義」をテーマに、次のように祈る。

「正義の促進にかかわる人々が、世界に広がる不正義に対して有無を言わさず、誠実に職務を全うすることができますように。」

教皇フランシスコは、この祈りの意向について、ビデオを通し次のように話された。

「裁判官による決定は、市民の権利や所有物に影響を与えます。

裁判官の独立性は、採択すべき判断を曇らせかねない、ひいきや圧力から、彼らを遠ざけるものでなくてはなりません。

裁判官は、真理において妥協することのないイエスの模範に従うべきです。

世界にはびこる不正義が優位に立つことがないように、正義をつかさどるすべての人々が、誠実に職務を全うできるよう祈りましょう。」

04 7月 2019, 16:06