Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年6月19日 教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年6月19日  (ANSA)

「一致・和解・兄弟愛をもたらす聖霊」教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見で、「使徒言行録」に記される聖霊降臨の出来事を考察。また、会場で広島と長崎の「高校生平和大使」とお会いになった。

教皇フランシスコは、バチカンの聖ペトロ広場で6月19日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

この日、会場には「高校生平和大使」として広島と長崎の高校生2人が参加、教皇は直接言葉をかけられ、大きな励ましを与えられた。

謁見中、教皇は「使徒言行録」をテキストとしたカテケーシス(教会の教えの解説)で、聖霊降臨の出来事と、聖霊の力について考察された。

過越祭から50日後、イエスの母マリアの存在と共に、弟子たちが高間に一つに集い、祈っていると、突然の神の侵入に驚かされた、と教皇は聖霊降臨の出来事を振り返られた。

その時吹いた激しい風は、神の霊が吹く様子を想起させ、現れた炎は、燃える柴とシナイ山を思い起こさせるもの、と教皇は指摘された。

シナイ山で聞こえたのは神の声であったのに対し、五旬祭のエルサレムで聞こえるのはペトロの声であった、と述べた教皇は、ペトロの弱々しい声、イエスのことを知らないと否定までしたその声は、今や聖霊の火によって力を得て、人々の心を貫き、回心へと動かすまでになっていた、と語られた。

「教会は愛の炎から生まれ、その炎は聖霊降臨において燃え広がり、聖霊に満ちた復活の主の御言葉の力を示した」

「新しい、決定的な契約は、もはや石版に記された掟よりも、すべてを新たにし、人の心に刻まれる、神の霊の上に築かれた」

と、教皇はこのように話された。

復活の主の霊に満たされた使徒たちの言葉は、今までとは違う新しい言葉、しかし、同時にすべての言語において誰にでも理解され得る言葉となった、と教皇は述べ、その普遍の言語とは、真理と愛の言語である、と強調された。

教皇は、聖霊は、多様な音を調和のもとに一致させるシンフォニーを通して自らの存在を表すだけでなく、神の偉大な業を称える賛歌を演奏するオーケストラの指揮者そのものでもあると述べ、聖霊とは一致の作り手、和解を生む芸術家である、と話された。

イエス・キリストを通した救いを受け入れるよう心を動かし、人々を神へと惹きつけ、あらゆる状況に人間性と兄弟愛をもたらす聖霊の力を示された教皇は、わたしたちも新たな聖霊降臨を体験できるように、と祈られた。

19 6月 2019, 17:58