Cerca

Vatican News
ルーマニアのブラジで、ロマ族共同体を訪問した教皇フランシスコ 2019年6月2日 ルーマニアのブラジで、ロマ族共同体を訪問した教皇フランシスコ 2019年6月2日 

ルーマニア訪問:教皇、ロマ族共同体が受けた差別に赦しを願う

ルーマニアを訪れていた教皇フランシスコは、最終日、ブラジのロマ族共同体との出会いを持たれた。教皇は、これによって、3日間の同国司牧訪問を終えられた。

教皇フランシスコは、ルーマニア司牧訪問最終日、6月2日(日)、中・北西部トランシルヴァニア地方のブラジで、7人の司教殉教者の列福式をとり行なわれ、この後、同市で最も古い一角であるバルブ・ラウタル地区で、ロマ族共同体との出会いを持たれた。

教皇はロマ族の人々への言葉で、教会は「出会いの場」であり、出会いに開かれていることはキリスト者のアイデンティーの一部と強調。

この日列福された7人の司教殉教者の一人、イオアン・スチウ司教の、すべての人に友情と分かち合いをもって接し、神なる御父の思いを具体的に伝えた、その模範を思い起こされた。

教皇は、ロマ族共同体が受けてきた差別や疎外、虐げを遺憾に思い、その悪にキリスト者やカトリック信者たちも無関係ではなかったことを、心に重く受け止めていると述べられた。

こうした中、教皇は、歴史の中でロマ族の人々が差別され、不当な扱いを受け、偏見に晒されたことを、教会の名において、赦しを乞いたいと願われた。

「家族の誰かが置いて行かれるならば、人類家族は前に進めない」と教皇は語り、人の行いを語る前に、また偏見を持つ前に、その人の中に一人の人間を認めることができないならば、わたしたちはキリスト者でないばかりか、人間ですらないと話された。

教皇は、命や家族を大切にする心、連帯や受け入れ、支え、守り合う精神、お年寄りの尊重、生活の中の宗教心、生きる喜びなど、ロマ族の人々の特徴であると同時に、わたしたちが大いに必要としているその価値観を、皆と分かち合うことを恐れないで欲しい、と励まされた。

教皇は、この集いをもって、ルーマニア訪問を終了するにあたり、巡礼者・兄弟として訪れた同国で体験した多くの出会いは、ご自分の心と人々の間に一つの橋をかけることになった、と述べ、豊かな体験への感謝と共に、人々に祝福をおくられた。

02 6月 2019, 20:09