Cerca

Vatican News
ルーマニア・ブラジでとり行われた7人の司教殉教者の列福式 2019年6月2日 ルーマニア・ブラジでとり行われた7人の司教殉教者の列福式 2019年6月2日  (Vatican Media)

ルーマニア:教皇、ブラジで7人の司教殉教者の列福式

ルーマニア訪問の最終日、教皇フランシスコは、中部の都市ブラジで7人の司教殉教者の列福式をとり行われた。

6月2日(日)、教皇フランシスコのルーマニア司牧訪問は最終日を迎えた。

教皇は同日、ルーマニア中・北西部、トランシルヴァニア地方の都市、ブラジを訪れ、7人の司教殉教者の列福式を行われた。

この式で福者の列に加えられたのは、ヴァジレ・アフィテニエ師、ヴァレリウ・トライアン師、イオアン・スチウ師、ティト・リビウ・キネズ師、イオアン・バラン師、アレキサンドル・ルス師の6司教と、イウリウ・ホッス枢機卿の、計7人。いずれも、ギリシャ典礼カトリックに属し、共産独裁政権による激しい迫害下で殉教した。

当時の弾圧と、殉教者たちの信仰と愛を記憶するために、この列福ミサの司式中、教皇が用いた椅子には、殉教者らが投獄された刑務所の鉄の窓枠が素材の一部に使われ、カリスと聖書は、殉教時、一番年配であったトライアン司教が所有していたものが使用された。

ミサの説教で教皇は、ルーマニアのカトリック共同体が、かつて共産独裁と無神論のもとに信仰の自由を奪われ、迫害による大きな苦しみを体験した、その試練の年月を思い起こされた。

教皇は、これらの殉教者を「自由」「いつくしみ」「赦し」の証し人として強調。

殉教者たちが当時のイデオロギーや無神論と対決したように、今、わたしたちもまた、人間やいのち、家庭の価値をおとしめる、新しいイデオロギーと闘っていかなくてはならないと話された。

そして、自由といつくしみを証ししながら、分裂に対して兄弟愛と対話を優先させ、殉教者たちの血による兄弟愛を通してキリスト者間の連帯を育てていくよう、信者らを励まされた。

ミサの後半、教皇は、レジーナ・チェリの祈りを信者と共に唱えられた。

同日午後には、教皇はブラジのロマ族共同体と交流された。

3日間のルーマニア司牧訪問を終了された教皇は、同日夕方、シビウ空港から、ローマへの帰途につかれた。

02 6月 2019, 15:10