Cerca

Vatican News
教皇フランシスコのルーマニア司牧訪問のロゴと、モットー「共に歩もう」 教皇フランシスコのルーマニア司牧訪問のロゴと、モットー「共に歩もう」 

教皇、ルーマニア司牧訪問へ、詳細日程

教皇フランシスコは、5月31日(金)、ルーマニアへの司牧訪問に出発される。

教皇フランシスコは、5月31日(金)より、3日間にわたり、ルーマニアへの司牧訪問を行われる。

この訪問は、教皇フランシスコの第30回目の海外司牧訪問(イタリアは除く)となる。

一方、ルーマニアにローマ教皇が赴くのは、1999年7月の聖ヨハネ・パウロ2世の訪問に続き、今回で2度目となる。

教皇フランシスコのこのたびの訪問は、ルーマニア大統領と、同国の司教らの招きに応えるもの。その主な目的は、聖ヨハネ・パウロ2世の訪問から20年ぶりに同国を訪れ、同国のカトリック信者を励まし、ギリシャ典礼カトリック教会の7人の司教殉教者の列福式をとり行うと同時に、ルーマニア正教会とエキュメニカルな出会いを持つことにある。

教皇は、5月31日(金)朝、ローマのフィウミチーノ空港からルーマニアの首都ブカレストに向け出発。同日午前、到着したブカレストの空港で歓迎を受けた後、市内の大統領官邸で、公式の歓迎式典、大統領への表敬、首相との会見、国内の各界代表との出会いを行われる。午後からは、ルーマニア正教会のダニエル総主教との会見、聖シノドのメンバーとの出会い、正教会カテドラルの訪問が続く。夕方、カトリックのカテドラルでミサを司式される。

6月1日(土)、教皇は、ルーマニア東北部モルダヴィア地方を訪れる。午前、教皇はブカレストから、バカウを経由し、スムレウ・チュクの巡礼聖堂へ。同地でミサを司式される。午後は、さらに北東にあるヤシを訪れ、カテドラル訪問、若者や家族らとの集いを持たれる。夜、ブカレストに戻られる。

6月2日(日)、教皇は、中・北西部トランスシルヴァニア地方へ。午前、ブカレストからシビウ経由で、ブラジを訪問。同地で7人の司教殉教者の列福ミサをとり行われる。午後には、ブラジのロマ族共同体との出会いを行われる。夕方、教皇はシビウの空港での送別式を経て、ローマに戻られる。

30 5月 2019, 18:59