検索

Vatican News
教皇フランシスコ、ルーマニア首都ブカレストのカテドラルでのミサ 2019年5月31日 教皇フランシスコ、ルーマニア首都ブカレストのカテドラルでのミサ 2019年5月31日  (Vatican Media)

ルーマニア訪問:教皇、ブカレストでミサ「主のいつくしみが高らかに歌われるように」

ルーマニアを訪問した教皇フランシスコは、首都ブカレストでミサを捧げられた。

教皇フランシスコは、5月31日夕方、司牧訪問先のルーマニアの首都ブカレストで、カトリック信者と共にミサを捧げられた。

正教会の信者が大多数のルーマニアで、カトリック信者はおよそ144万5千人、人口の約7パーセントを占める。同国のカトリック教会は13教区からなり、ギリシャ(ビザンチン)典礼カトリック、ラテン典礼、また少数のアルメニア典礼によって構成されている。

教皇ミサが行われたブカレスト市内の聖ヨセフ司教座聖堂には、多くの信者が詰めかけ、聖堂に入りきれない人々は、外に設けられた会場から参加した。

この日、典礼暦は、受胎告知後のマリアが、同じように身ごもっていた親類のエリザベトを訪ねた出来事、「聖母の訪問」を記念した。

ミサの説教で教皇は、「聖母の訪問」を観想。マリアの賛歌、「マグニフィカト」に、謙遜で身を低めた人々に希望をもたらすマリアの存在を見つめられた。

教皇はこのエピソードに、マリアの「歩む」「出会う」「喜ぶ」という三つの態度を指摘。

決して平たんではない人生のいくつもの体験を勇気と忍耐をもって歩んだマリアは、わたしたちの試練をも知り、共に歩んでくださる方、と述べられた。

また、マリアとエリザベトの世代を超えた出会いで、エリザベトは若いマリアの未来に預言を与え、その抱擁はお互いを高め合うものであった、と語られた。

そして、救い主としてご自分の民と共におられる主の偉大さを知り、喜びあふれるマリアの姿を示された教皇は、「信仰上の問題は、しばしば喜びの欠如に起因している」と話された。

教皇は、ルーマニアで主のいつくしみが高らかに歌われるよう、マリアのようにこの地に祝福と出会いの文化をもたらす者になって欲しいと、信者らを励まされた。

31 5月 2019, 18:17