Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、2019年5月26日、バチカンでの日曜正午の祈り 教皇フランシスコ、2019年5月26日、バチカンでの日曜正午の祈り  (AFP or licensors)

「イエスの教えをわたしたちに思い出させる聖霊の力」教皇、日曜の集い

教皇フランシスコは、5月26日、日曜正午の祈りの集いを行われた。

教皇フランシスコは、5月26日(日)正午、レジーナ・チェリの祈りを信者と共に唱えられた。

祈りに先立つ説教で、教皇は、この日の福音朗読箇所、ヨハネ福音書の、イエスが最後の晩餐で弟子たちに聖霊を与える約束をされる場面(14,23-29)を取り上げられた。

ここで、イエスは「弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い出させる」(ヨハネ14,26)と弟子たちに約束されている。

イエスは十字架の時が近づくのを前に、弟子たちが取り残されることなく、常に聖霊が共にいて、世に福音を告げる使命において、彼らを支えるであろうことを保証された、と教皇は話された。

イエスはその公生活において、弟子たちに託すべきすべてを伝えられたが、聖霊の役割は、それをことごとく思い出させ、イエスの教えを具体的な行動に移すよう導くことにある、と教皇は説くと共に、それはまさに「教会の使命」でもあると指摘。

主への信仰と御言葉の遵守、聖霊への従順をもって、主の平和を受け入れ証ししながら、復活の主を常に生き生きともたらし続ける、この使命の実現のために、教会は留まったままでいることなく、すべてを新たにする聖霊の光と力に支えられながら、歩み続けるように招かれている、と語られた。

今日、主はわたしたちに心を聖霊に開くよう呼びかけられる、と述べた教皇は、聖霊は毎日、わたしたちに福音の論理、受容的な愛の論理を学ばせ、「主がわたしたちに教え、話されたすべてのことを、ことごとく思い出させるだろう」と話された。

26 5月 2019, 15:54