Cerca

Vatican News
北マケドニアのイヴァノフ大統領と教皇フランシスコ 2019年5月7日 スコピエ・大統領府で 北マケドニアのイヴァノフ大統領と教皇フランシスコ 2019年5月7日 スコピエ・大統領府で  (AFP or licensors)

北マケドニア訪問:教皇「マザー・テレサの生き方を模範に」

北マケドニアを訪問した教皇フランシスコは、大統領および首相と会談、同国の様々な分野の代表らとお会いになった。

教皇フランシスコは、5月7日、北マケドニアを司牧訪問された。

ローマ教皇の同国への訪問は、今回が初めてとなった。

首都スコピエに到着された教皇は、大統領府で歓迎式に臨まれた。

これに続き、教皇はギョルギェ・イヴァノフ大統領を表敬訪問。次いで、ゾラン・ザーエフ首相との会談が行われた。

大統領府のホールでは、教皇と北マケドニアの諸分野の代表者や同国駐在の外交団との出会いが行われた。

教皇は挨拶で、東方と西方を結ぶ橋、様々な文化の潮流が交差する同国の、古代からの豊かな歴史・文化、力強い自然、素晴らしい宗教芸術などに言及。中でも最も貴重な遺産は、同国の多民族的・多宗教的な構成である、と話された。

この文化と民族、宗教のるつぼから、他者を尊重しつつ、自分のアイデンティティーを育て表現できる、平和的かつ安定した共存と関係構築が生まれたことは、相互尊重に基づく兄弟的共存の模範であると教皇は強調。

このような統合、また多様性や基本的権利の尊重が、バルカン半島全域に発展することを期待された。

正教会、イスラム教、カトリック、ユダヤ教、プロテスタントなど様々な宗教や、マケドニア人、アルバニア人、セルビア人、クロアチア人など異なる民族が、この国において、美しいモザイクを形作り、その一片一片は全体のためになくてはならないものである、と教皇は語られた。

そして、その美しさは、それを新しい世代に伝えることができる時、いっそうの輝きを増すだろうと話された。

教皇は、北マケドニアの、中東からの数多くの難民・移民への寛大な支援に触れ、この連帯の鎖をこれからも大切にしてほしいと願われた。

こうした中、教皇は、1910年、スコピエで生まれたマザー・テレサを思い起こし、神の愛に動かされ、隣人に愛をもって奉仕し、見捨てられた人、貧しい人のためにあまねく自らを捧げる生き方を世界に示した、その生涯を振り返った。

教皇は、北マケドニアの人々がこの偉大な聖人に倣い、神が自分たちに望まれていることが何であるかを発見するために、熱意と希望をもって努力することができるよう、励しをおくられた。

教皇は、北マケドニアの調和の維持と、発展と喜びを願いながら、神の祝福を祈られた。

07 5月 2019, 18:25