検索

Vatican News

ブルガリア:教皇、ソフィアの大聖堂広場で正午の祈りの集い

教皇フランシスコは、ブルガリアの首都ソフィアで、正教会の総主教座大聖堂を訪問、大聖堂前広場で、正午の祈りの集いを行われた。

教皇フランシスコは、ブルガリア滞在初日5月5日(日)、首都ソフィアで、ブルガリア正教会の総主教座大聖堂、聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂を訪問された。

ブルガリアの若者たちが合唱する聖歌の調べに迎えられた教皇は、聖堂の聖障にある聖チリロと聖メトジオの聖画の前で祈りを捧げられた。

続いて、教皇は大聖堂前広場で、正午の「レジーナ・チェリ」の祈りを、およそ3千人の信者らと共に唱えられた。

この集いで「キリストは復活されました」と、ブルガリアで古くから用いられてきた復活節の挨拶を信者たちと交換された教皇は、「キリストは生きておられ、あなたが生きることを望まれます」と、最近発表された使徒的回勅「クリストゥス・ヴィヴィト」の言葉を繰り返された。

教皇はブルガリアの教会の歴史を振り返る中で、1925年から1934年まで教皇使節としてこの地で過ごした「聖なる司牧者」ヨハネ23世の、東方教会の伝統を尊重することを学び、諸宗教との友好を築きながら、未来のエキュメニカル対話の道を開き、第2バチカン公会議に影響を与えた、その大きな功績を思い起こされた。

教皇は、愛するブルガリアが、文化・宗教・民族の違いを超えた「出会いの地」となるための必要な力を得られるよう、聖母マリアの取り次ぎを願い祈られた。

05 5月 2019, 16:33