検索

Vatican News
教皇フランシスコ、2019年4月28日、バチカンでの日曜正午の祈り 教皇フランシスコ、2019年4月28日、バチカンでの日曜正午の祈り  (AFP or licensors)

教皇「信仰をもってイエスに近づき、平和と喜びと使命に心を開こう」

教皇フランシスコは、4月28日(日)正午、巡礼者と共にレジーナ・チェリの祈りを唱えられた。

祈りの前の説教で、教皇はこの日の福音朗読箇所、ヨハネ福音書中の、復活したイエスが弟子たちに現れる場面(20,19-31)を取り上げられた。

イエスは復活した日の夕方、弟子たちの前に現れ、「平和」と「喜び」、「ミッション」という、3つの贈り物をもたらした、と教皇は話された。

イエスが最初に弟子たちに向けた言葉、それは「あなたがたに平和があるように」(ヨハネ20,19、20,21)というものだった。

教皇は、「復活のイエスは、真の平和をもたらす。なぜなら、イエスはご自身の十字架上での犠牲を通して、神と人間の和解を実現し、罪と死に打ち勝ったからである」と話された。

イエスの十字架上での死によって、弟子たちは失望と恐れの中に突き落とされたが、復活されたイエスは弟子たちの間に立ち、栄光ある体の傷を示しながら、ご自身の勝利の実りである平和を与えられた、と教皇は話された。

イエスが来られた時、その場にいなかったトマスは、イエスの傷に触れなければ、自分は決して信じないと言ったが、八日の後、イエスは再び現れ、トマスに手でご自分の傷に触るようにと招いた。

教皇は、「イエスの無限の愛のしるしであるその傷は、平和の源泉である」と述べた。

そして、イエスがご自分の傷に触れるように招くのは、まるで「あなたに平和がないのなら、わたしの傷に触れなさい」と言っているかのようである、と語られた。

教皇は、世の中の多くの困難、迫害や、病気、苦しみは、イエスの傷の象徴と述べ、心に平和がない人は、苦しむ兄弟たちのもとを訪れ、その傷に触れることで、その傷からいつくしみが湧き出すのを知る、と話された。

また、「弟子たちは、主を見て喜んだ」(同20,20)とあるように、復活したイエスは、弟子たちに大きな喜びを与えると共に、「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす (同20,21)と、彼らに使命を授けられたことを、教皇は指摘された。

教皇は、この「神のいつくしみの主日」、わたしたちは信仰をもってイエスに近づき、平和と喜びとミッションに心を開くよう招かれている、と説かれた。

28 4月 2019, 19:04