検索

Vatican News
教皇フランシスコ、カトリック聖書連盟主催の国際会議参加者と 2019年4月26日 教皇フランシスコ、カトリック聖書連盟主催の国際会議参加者と 2019年4月26日  (Vatican Media)

教皇「教会にいのちを注ぐ神の御言葉」カトリック聖書連盟の会議参加者と

教皇フランシスコは、カトリック聖書連盟主催の国際会議参加者に挨拶をおくられた。

教皇フランシスコは、4月26日、「カトリック聖書連盟」が主催した国際会議の参加者とお会いになった。

この国際会議は、同連盟創立50年を記念して行われたもの。

参加者への挨拶で教皇は、会議のテーマである「聖書といのち」という、二つの言葉に注目。

「神の御言葉は生きたものであり、いのちを与えるもの」、「いのちの与え主である聖霊は、神の御言葉を通して働くことを愛され、こうして、御言葉は世界に神の息吹を伝え、人々の心に主の温かさをもらたす」と、話された。

また、「薪がそれ自体では熱を放てず、燃えるために火を必要とするように、聖書が人々の心の中で燃え、いのちとなるためには、聖霊の力が必要」、「聖書は、単に研究対象としての聖なる文書の集まりではなく、世に広めるべき、いのちの言葉である」とも語られた。

「神の御言葉は、教会にいのちを注ぐ、かけがえのないものである」と述べた教皇は、それゆえに、説教がいかに重要であるかを強調。

説教とは、聖霊とみことばを分け与えることであり、説教師は自分の心に触れた御言葉を通して、その御言葉の持つ熱さと聖性を伝えなければならないと話された。

「多くの言葉が過剰にあふれる今日において、わたしたちは永遠の命の唯一の言葉、イエスの言葉を置き去りにしてはならない。その御言葉こそ、わたしたちが毎日必要としているものである」と教皇は話し、教会が「御言葉に養われ、御言葉を告げるために生きる」ことを願われた。

26 4月 2019, 19:00