Cerca

Vatican News

3月の教皇の祈りの意向:キリスト共同体の権利の承認のために

教皇フランシスコは、3月の祈りの意向について、ビデオによるメッセージをおくられた。

カトリック教会は、毎月、「教皇の祈りの意向」を示し、教会全体が日々の祈りの中で、その意向に基づいて祈るように招いている。

2019年3月は、「キリスト者の共同体の権利の承認」をテーマに、次のように祈る。

「キリスト者の共同体、特に迫害を受けている共同体が、キリストの近くにいることを実感できますように。そして、正当な権利が認められますように。」

教皇フランシスコは、今月の祈りの意向をめぐり、ビデオを通し、次のように話された。

「信じがたいようなことですが、キリスト教初期の時代より、現代の方が殉教者が多いのです。

信者たちは真理を述べ、今日の社会にイエス・キリストを伝えるがゆえに迫害されています。

こうした迫害は、特に宗教の自由が保証されていない場所で起きています。

しかし、また、論理上、あるいは明文上、宗教の自由と人権を保護する国々でも迫害が見られます。

キリスト者の共同体、特に迫害を受けている共同体のために祈りましょう。彼らがキリストの近くにいることを実感し、その正当な権利が認められますように。」

05 3月 2019, 17:30