Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、2019年3月3日、バチカンでの日曜正午の祈り 教皇フランシスコ、2019年3月3日、バチカンでの日曜正午の祈り  (AFP or licensors)

「他人の欠点に気付くより、自分の欠点を認識する」教皇、日曜正午の集い

教皇は、日曜正午の祈りの集いで、ルカ福音書中のイエスの教えを考察された。

教皇フランシスコは、バチカンで3月3日、日曜正午の祈りの集いを持たれた。

集いの説教で教皇は、この日の福音朗読箇所、ルカ福音書6章39~45節を取り上げられた。

この箇所で、イエスはいかに生きるべきかを説きながら、弟子たちに「盲人が盲人の道案内をすることができようか。二人とも穴に落ち込みはしないか」(ルカ6, 39)と問いかけている。

教皇はこの言葉について、イエスは人を導く者はよく物事を見極めることができ、知恵を持っていなければならず、さもなければ、託された人に害を与えてしまうと言っている、と説明。

イエスはこうして、司牧者や、行政当局、立法者、教育者、両親など、指導的立場にある人の責任と役割に注意を喚起されている、と話された。

また「弟子は師にまさるものではない。しかし、だれでも、十分に修行を積めば、その師のようになれる」(ルカ6,40)とイエスは続けて言い、賢明で確かな指導者となるために、ご自分の模範と教えに従うように招いている、とも指摘された。

教皇は、この日の福音朗読箇所中の、イエスのもう一つの重要な言葉、「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気付かないのか」にも注目。

多くの場合、他人の欠点や罪に気付き、非難する方が、自分のそれを冷静に見出すよりも簡単である、と語られた。

自分に寛容でありたいのは一つの誘惑であると教皇は述べつつ、隣人の欠点を見つけ訂正する間に、自分の欠点も認識しなければならない、と説かれた。

最後に、教皇はイエスのもう一つの教え、「悪い実を結ぶ良い木はなく、また良い実を結ぶ悪い木はない。木は、それぞれ、その結ぶ実によってわかる」(同6,43-44)にも触れられた。

教皇は、「実とは行いであり、また言葉でもある。言葉からもその木の性質を知ることができる」と述べ、良い人は心と口から良いものを出し、悪い人はそこから悪いものを出すという、イエスの教えを強調された。

教皇は、わたしたちがイエスに従って歩めるよう、聖母の支えと取り次ぎを祈られた。

03 3月 2019, 15:19