検索

Vatican News
パナマ各界代表を前に挨拶する教皇フランシスコ 2019年1月24日 パナマ各界代表を前に挨拶する教皇フランシスコ 2019年1月24日  (ANSA)

「未来への権利も、人間の権利の一つ」教皇、パナマの各界代表者らに

教皇フランシスコは、パナマの各界の代表らと会見された。

教皇フランシスコは、1月24日、パナマ各界の要人・代表者らと会見された。

同日朝、パナマ市内の大統領官邸にフアン・カルロス・バレーラ大統領を表敬訪問された教皇は、続いて、ボリバル宮殿でパナマ国内の政治・経済・社会・文化などを代表する人々、また駐在の外交団に、同国訪問の挨拶をおくられた。

この中で教皇は、パナマへの期待を「皆が集う出会いの地」「夢に挑戦する地」という観点から語られた。

教皇は、パナマは恵まれた地理的位置によって、地域だけでなく、世界全体にとって重要な地であり、大洋間をつなぐ橋、出会いに適した天然の地である、

と述べ、出会いの中で絆や協力関係を創造しながら発展してきた同国と国民の力に言及された。

パナマがこの出会いの地としての召命により応えるために、誰もが参加できる社会、質の高い教育とふさわしい仕事を通して皆が尊厳を保証される社会の構築を教皇は望まれた。

そして、このような社会づくりが、人々のダイナミックな創造性を活かし、最も貧しい人々をはじめとする市民たちの自由と尊厳を守ることにつながる、と話された。

教皇は、パナマの様々な先住民族たちの豊かさ、これらの人々の文化や世界観から学ぶべき多くのことを指摘。

パナマを形作る一つひとつの民族、すべての人々に耳を傾け、少数の人の利害を超え、共通善を守ることのできる、希望に開いた未来を編み出すよう、また、人々や世界に対する責任のもとに、正しく誠実、腐敗のない、透明な公益事業を願われた。

ここ数日、「ワールドユースデー」のために、希望や夢を抱いてパナマを訪れている多くの若者たちに教皇は言及。

これらの若者たちを歓迎しながら、パナマもまた、今日あたりまえと思われている状況に挑戦し、他の人々に尊重と共感の眼差しを向けつつ、生き生きとした新しい世界を創造して欲しい、と呼びかけられた。

夢がはかないものに終わらぬよう、すべての人が明日を夢見ることができる社会的条件づくりに取り組むよう、若者たちはわたしたちを招いていると述べた教皇は、「未来への権利も、人間の権利の一つです」と話された。

教皇は、パナマの保護者であるラ・アンティグアの聖母が、同国を祝福し保護してくださるようにと祈られた。

24 1月 2019, 18:06