Cerca

Vatican News
2019.01.09 Udienza Generale 教皇フランシスコ、バチカン・パウロ6世ホールでの一般謁見 2019年1月9日  (Vatican Media)

「必ず答えてくださる神に、粘り強く祈る」教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見のカテケーシスで、神に粘り強く祈ることの大切さを説かれた。

教皇フランシスコは、バチカンで1月9日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中、教皇は「主の祈り」をめぐるカテケーシス(教会の教えの解説)で、キリストのが教える祈りの態度を考察された。

ルカ福音書の中で、イエスは、「わたしたちにも祈りを教えてください」(11,2)と言う弟子たちに、ご自分の祈り、すなわち「主の祈り」を教えられた。

教皇は、イエスが教えられたように、キリスト者の祈りは、神に向かい「父よ」と呼びかけるものである、と強調された。

イエスは、弟子たちに「主の祈り」を教えた後、父である神に信頼して祈ることの大切さを、二つの例をもって説明されている。

一つ目の、皆が寝ている真夜中に家を訪れ、パンを貸してくれと頼む友達のたとえで、

イエスは「その人は、友達だからということでは起きて何かを与えるようなことはなくても、しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるであろう」(ルカ11,8)と言われた。

また、次の例として、イエスは、「あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか」(同11,11)とも言われている。

教皇は、「イエスのこれらの言葉は、神はどのような祈りもなおざりにされず、いつも祈りに答えてくださることを教えている。父である神は苦しむご自分の子らを忘れることはないからである」と説かれた。

「わたしたちの祈りが聞き入れられないと思うことが多くあっても、イエスはわたしたちに、決してあきらめることなく、粘り強く祈るようにと勧めておられる。」

「たとえ、わたしたちの周りの状況が変わらなくても、せめてわたしたちの心を変えることができる。イエスは、祈るすべての人に、聖霊の賜物を約束してくださった。」

教皇はこのように語られた。

「神は必ず答えてくださる」との確信を持つよう励ます教皇は、「たとえ一生忍耐強く願うことになっても、神は答えてくださる。皆が心に持つ幸福への願いはかなえられるだろう」と話し、「神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか」(ルカ18,7)というイエスの言葉を示された。

教皇は「祈ることは、今から孤独と絶望に打ち勝つことである」とも述べ、「すべての道の終点には、両腕を広げ皆を待つ、御父がおられる」と話された。

09 1月 2019, 18:38