ベータ版

Cerca

Vatican News
ローマのラウレンティーノ墓地を訪問した教皇フランシスコ 2018年11月2日 ローマのラウレンティーノ墓地を訪問した教皇フランシスコ 2018年11月2日  (Vatican Media)

死者の日:教皇、ローマのラウレンティーノ墓地でミサ

11月2日、典礼暦の「死者の日」、教皇フランシスコは、ローマのラウレンティーノ墓地を訪問された。

11月2日「死者の日」、カトリック教会の典礼暦は、亡くなったすべての信者たちを思い起こした。

教皇フランシスコは、この日の夕方、ローマ南郊外にあるラウレンティーノ墓地へ赴かれ、墓参りの市民らと共に、ミサを捧げられた。

同墓地に到着された教皇は、最初に、「天使たちの園」と名付けられた、病気や事故で幼くして亡くなった子どもたち、また生まれる前に亡くなった子どもたちのための一角を訪れた。

教皇は、ぬいぐるみや花で飾られた子どもたちのお墓の前で沈黙のうちに祈り、白い花束を捧げられた。また、子どもたちの墓を訪れた何人かの両親たちに言葉と抱擁を与えられた。

この後、教皇は、墓地の他の場所でも祈られた。

教皇は、墓地の礼拝堂前で司式したミサの説教で、「今日は記憶の日です」と述べられた。

自分の人生や家族に起こったことを記憶することは、時に辛いこともあるが、それはルーツに根差しながら、前に進んでいくために必要なことと語られた。

また、これらの記憶は、わたしたちに命を与えてくださった神との出会いの希望、わたしたちを待つ神の愛への希望を与えてくれるもの、と話された。

教皇は、神との出会いに至るために、わたしたちはイエスの説く「真福八端」を光とし、道を誤ることなく進んで行こうと呼びかけられた。

02 11月 2018, 17:49