Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカン、サンタ・マルタ館でのミサ 2018年10月5日 教皇フランシスコ、バチカン、サンタ・マルタ館でのミサ 2018年10月5日  (Vatican Media)

「信仰生活を単なる習慣にしない」教皇、ミサの説教で

教皇フランシスコは、朝のミサで、キリスト教生活を単なる社会習慣のように、形式的に生きてはならないと注意された。

教皇フランシスコは、10月5日、バチカンのサンタ・マルタ館の礼拝堂でミサを捧げられた。

説教で教皇は、この日の福音朗読箇所、ルカ福音書のイエスが悔い改めない町を叱る場面(ルカ10,13-16)を取り上げられた。

この場面でイエスは、奇跡が行われても、悔い改めようとしなかった、コラジン、ベトサイダ、カファルナウムの町を叱責された。イエスは、ガリラヤ地方のこれらの町々を、異邦人の地であるティルスやシドンと対比し、これらの町で奇跡が行われていれば、とうの昔に悔い改めただろう、と述べている。

教皇は、イエスは奇跡を行ったにも関わらず、ご自分を拒否し、回心しなかった町のために嘆き、彼らすべての心に愛のメッセージが届かなかったことを悲しまれた、と話された。

教皇は、キリスト者としての自分たちの態度を、コラジン、ベトサイダ、カファルナウムの町の人々の態度と重ねて考えるようにと招いた。

「自分たちは主から多くを受け取り、救いを知ったのに、キリスト教社会に生まれ、信仰教育を授かったのに、イエスのことを簡単に忘れてしまうのはなぜだろうか」と教皇は問い、その原因は「慣れ・習慣」にあると指摘された。

この「慣れ」は、福音を社会学的なものに矮小化し、イエスとの個人的な絆を忘れさせてしまうと話された。

イエスはわたしたち一人ひとりに話しかけておられる。異邦人がイエスの説教を聞いてイエスに従うのに、キリスト教社会に生まれたわたしたちは、キリスト教の信仰生活が単に社会的習慣であるかのように、ただ形式的に生きていると、教皇は語られた。

「コラジン、お前は不幸だ。ベトサイダ、お前は不幸だ」(ルカ10,13)というイエスの嘆きを聞きながら、わたしたちは、イエスがご自身を与えてくださったにも関わらず、表面的な生き方をし、イエスを心から追い出している、そうした自分たちの心を問わなければならない、と説かれた。

05 10月 2018, 13:31