ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2018年10月24日 教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2018年10月24日  (Vatican Media)

「結婚は、神の忠実な愛を基礎とする」教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見で、結婚に必要な、神の愛に基づく忠実について語られた。

教皇フランシスコは、バチカンで10月24日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

秋晴れの下、聖ペトロ広場で開催された一般謁見には世界各国からの巡礼者が参加した。この中には、南島原市から訪れた学生たちの使節団の姿も見られた。

「十戒」の第6戒は、忠実を呼びかける掟

謁見中、教皇はカテケーシス(教会の教えの解説)で、モーセ「十戒」の第6戒「姦淫してはならない」を考察された。

教皇はこの戒を「忠実を呼びかけるもの」と説明。「実際、いかなる人間関係も、誠実と忠誠なしでは、本物とは言えない」と話された。

愛は無条件にすべてを与える

「都合がよい間だけ愛する、ということはできない。愛は無条件にすべてを与えてこそ、自分の利得を超えたものとなる」と教皇は強調。

「愛は決定的であるはずです。『とりあえず』ということはありえません」という、『カトリック教会のカテキズム』(n. 1646) の言葉を示された。

キリストの中にある真の愛の姿

「忠実さとは、自由で成熟した、責任ある関係に特徴づけられるもの」と教皇は述べ、たとえば友人についても、どのような状況でも変わらない誠実さがなければ、友人とは言えない、と指摘された。

「御父の無限の愛を生きるキリストは、その愛の力によって、わたしたちがたとえ過ちを犯しても見捨てず、たとえ我々がそれに値しない者であっても、わたしたちのためをいつも思ってくださる」と、教皇はキリストの中に真の愛の姿を見つめるよう招かれた。

未熟な関係を愛と呼ぶ危険

「人間は無条件に愛される体験を必要とし、それを得られない者は、無意識のうちにある種の欠如感を自分の中に抱え、その空虚さを埋めるために、妥協して安易な虚しい関係を受け入れてしまう。危険なのは、その早まった未熟な関係を『愛』と呼んでしまうこと」と教皇は語られた。

こうした中、時に肉体的な魅力が過大評価されることについて、教皇は、「それ自体は神の贈り物であるが、それは人との真の誠実な関係を築く道へと導くためのものでなくてはならない」と話された。

結婚に必要な十分な識別

教皇は、結婚生活への召命には、関係の質の十分な識別と、それを見極めるだけの婚約期間が必要と強調。

婚約者らは、結婚の秘跡にたどりつくまでに、「キリストの恵みによって、生涯、忠実を尽くすことを誓います」と言うことを可能とさせる、神の御手と導きが二人の間に存在しているという確信を育てなければならない、と説かれた。

「結婚は、神の忠実な愛という堅固な土壌を基礎とするべき」と述べた教皇は、そのためにも、結婚の秘跡の前に、単なる形式だけで終わらない、充実した結婚準備講座の必要と、それを与える責任を、司教や司祭らに訴えられた。

忠実さとは一つの生き方

教皇は、「忠実さとは一つの生き方」であるとし、忠実さで織りなされた生き方は、人生のあらゆる場面で、その人の誠実さと信頼性を浮き彫りにするだろうと話された。

しかし、このような素晴らしい人生に至るには、わたしたち人間の力では足りず、神の忠実さがわたしたちの人生にもたらされ、わたしたちを感化する必要があると教皇は述べた。

そして、「十戒」の第6戒は、わたしたちから不義の心を取り去り、忠実な心を与えてくださるキリストに眼差しを向けるよう招いている、と説かれた。

24 10月 2018, 18:17