ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、夫婦たちとの出会い、アイルランド・ダブリンの聖マリア臨時司教座聖堂で、2018年8月25日 教皇フランシスコ、夫婦たちとの出会い、アイルランド・ダブリンの聖マリア臨時司教座聖堂で、2018年8月25日  (Vatican Media)

アイルランド訪問:「一生をかけて愛を育てる」教皇、ダブリン準大聖堂で夫婦たちとの出会い

カトリック教会の「世界家庭大会」のため、アイルランドを訪問した教皇フランシスコは、ダブリンの聖マリア臨時司教座聖堂で夫婦たちとの出会いを持たれた。

アイルランド到着初日8月25日、午前中に大統領と首相、各界要人と会見された教皇は、午後から「家庭」をテーマにした教会関係の行事に入られた。

教皇が訪問されたダブリンの聖マリア臨時司教座聖堂は、1825年に献堂された美しいネオゴシックの聖堂で、カトリック教会・ダブリン教区の司教座が置かれている。

ここで教皇は、若い人々を中心に、多くの夫婦とお会いになり、家庭の喜びや試練を語る彼らの声に耳を傾けられた。

聖堂内にたくさんの若い夫婦の参加者をご覧になった教皇は、「今の若い人は結婚したがらないと聞くが、皆さんを見ていると、それは本当ではないようです。結婚して、人生を分かち合うことは、素晴らしいことです」と喜ばれた。

また、教皇は赤ちゃんの泣き声に未来の希望を示すと同時に、お年寄りの夫婦たちの知恵に学び、家族のルーツを大切にするよう勧められた。

「今の時代、永続する貴重なものなどあるのだろうか」という問いに対し、教皇は、暫定的な文化を生きるわたしたちは、現実に一生続くものに対し慣れていない、と話された。

夫婦が「一生」と誓った愛も、愛を育てる努力をしないと長続きしないと教皇は指摘。

「一生をかけて」とは、「一生をかけて愛を育てる」ということ、なぜならば愛は暫定的ではないからです、と説かれた。

キリスト者の男女は、結婚の絆を結ぶ時、神の恵みのもとに、自由意思をもって、忠実で継続する愛を互いに与え合い、彼らの一致は秘跡に高められる、と教皇は述べた。

「イエスは常に夫婦を見守り、忠実と不解消性のうちに互いを与え合うその一生を支えられます」、「夫婦にとってイエスは、試練の時の砦です」、と話された。

また、教皇は、家庭が他の弱い人々に連帯を示し、子どもたちに愛徳の業を伝えることの重要性を強調。

「エゴイズムと自己優先の吹き荒れる現代、世界は愛の革命を必要としています。この革命を、皆さん自身と皆さんの家庭から、始めてください」と夫婦たちを励まされた。

25 8月 2018, 15:53