ベータ版

Cerca

Vatican News
アイルランド各界要人との会見を行う教皇フランシスコ、ダブリン城のホールで、2018年8月25日 アイルランド各界要人との会見を行う教皇フランシスコ、ダブリン城のホールで、2018年8月25日  (ANSA)

「全世界は唯一の家族」教皇、アイルランド各界要人と会見、未成年者虐待問題に言及

「世界家庭大会」のため、ダブリンを訪れた教皇フランシスコは、アイルランドの各界要人とお会いになった。

教皇フランシスコは、8月25日、アイルランドを訪問。ダブリン城で、レオ・バラッカー首相をはじめとする政府関係者、および各界の要人、同国駐在の外交団らと会見された。

大統領官邸でのヒギンズ大統領との会談後、ダブリン城でバラッカー首相の出迎えを受けた教皇は、城内の「サン・パトリック・ホール」で、同国訪問の挨拶を述べられた。

教皇「今日の社会で家庭を支える必要」

教皇は、この訪問はダブリンで開催中の「世界家庭大会」への出席を目的とするものと説明。

教会が「いくつもの家族で構成された一つの家族」であるからには、これらの家族が

神から与えられた召命を社会の中で喜びをもって果たしながら、家庭内の教育を通して健全な社会の発展に寄与することができるよう、彼らを支える必要があると話された。

変遷の激しい今日の社会の中で、家族たちは多くの困難に直面し、そこで生じる結婚や家庭生活の混乱が、様々なレベルでわたしたちの共同体の未来にも影響を及ぼそうとしていると教皇は指摘。

社会における家庭の役割を軽視することなく、むしろ、それをあらゆる手段をもって支え、守らなければならないと話された。

「全世界は唯一の家族」

わたしたちは人生の最初の一歩を家庭においてしるし、そこで調和のうちに生活しつつ、利己主義を抑え、それぞれの違いを和解させ、何よりも人生の真の意味を悟ることを学んだと述べた教皇は、われわれは全世界という唯一の家族においても、最も弱い立場の人々をはじめ、兄弟姉妹たちとの一致や連帯に招かれている、と語られた。

人種や民族の違いを理由とする憎悪や紛争・暴力、人間の尊厳や権利の軽視、貧富の差の拡大などを前に、わたしたちは無力に感じることがあっても、民の集まりとしての唯一、真の家族としての人類の意味を、政治や社会などあらゆる面において、取り戻さなければならないと呼びかけられた。

ベルファスト合意から20年

教皇は、1998年、北アイルランド和平をめぐり、アイルランド共和国政府と英国政府の間に結ばれたベルファスト合意(聖金曜日協定)から、今年で20年を迎えることに言及。

この歴史的合意によって、多大な苦しみを生んだ紛争に平和の構図が生まれたことを教皇は神に感謝され、平和プロセスを通し、まだ残る障害を乗り越え、調和と和解、相互信頼に満ちた未来を推進することを願われた。

切り捨ての文化に警告

「真の平和は神の賜物である」と教皇は述べつつ、この霊的な基礎なしでは、国家が集まる地球家族は、単なる空の場所となってしまうだろうと話された。

教皇は、今日の経済発展は正しく平等な社会をもたらしただろうかと問いつつ、物質主義的な「切り捨ての文化」によって、まだ生まれてくる前の命をはじめ、人類家族の最も弱い立場にある人々が、生きる権利を取り上げられていると警告。

深刻な移民危機の解決のためにも、短期的政治問題を超えた、賢明で人道的な広い視野が必要と述べられた。

アイルランドの教会関係者による未成年者虐待

最も弱い立場にある兄弟姉妹たちとして、教皇は過去に特別困難な状況に苦しんだ女性たちに

思いを寄せると共に、アイルランドの教会関係者による虐待の被害者となった未成年者たちを思い起こされた。

子どもたちを守り、教育する役割にある人々が引き起こした、このおぞましい犯罪に対し、教会が正しく対応できなかったことが、人々の怒りを生み、カトリック共同体の苦しみと恥の源となったことは当然であり、自分もそれに同感であると教皇は述べた。

教皇は、前教皇ベネディクト16世が、当時、教会関係者による人々への信頼の裏切りを厳しく非難し、決然とした介入を行ったことで、二度と過ちを繰り返さないようにとの、現在の関係者の取り組みが築かれることになったと、その経過を振り返られた。

「すべての子どもは神の貴重な贈り物」と述べた教皇は、人々の怠慢と過ちを明るみに出したこのスキャンダルの重大さを示しつつ、社会全体において未成年者と無防備な成人への保護への関心が高まることを望まれた。

アイルランドとカトリック教会

90年前、教皇庁は、アイルランド自由国を最初に認めた国・国際機関の一つとなり、以来、両国は長きにわたり友好と協力関係を築いてきたと教皇は強調。

一時的に両国関係に曇りが見られたこともあったが、最近、再び双方の合意と善意のもとに、友好関係復活の努力が行われるようになったことを喜ばれた。

かつても、今も、アイルランド国民は信仰から生まれた叡智をもって社会生活を豊かにする努力を行い、同国の歴史の最も暗い時も、人々は信仰の中に勇気の源を見出してきたと述べた教皇は、アイルランドが今日の社会・政治的議論の合唱のさなかにある時も、キリスト教のメッセージのメロディーに耳を傾けることができるようにと祈られた。

25 8月 2018, 14:11