Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、難民の犠牲者の冥福祈るミサ、バチカン・聖ペトロ大聖堂 教皇フランシスコ、難民の犠牲者の冥福祈るミサ、バチカン・聖ペトロ大聖堂  (ANSA)

教皇「難民問題に対する唯一の回答は、連帯といつくしみ」

教皇フランシスコは、ミサの中で難民の犠牲者のために祈り、難民問題へのいっそうの関心と連帯を呼びかけられた。

教皇フランシスコは、バチカンで難民たちのためにミサをとり行われた。

2013年7月に行われた、教皇の南イタリア・ランペドゥーサ島訪問での難民・移民たちとの出会いから5年。

教皇は、7月6日、バチカンの聖ペトロ大聖堂で捧げたミサの中で、旅の途中に命を落とした難民たちの冥福を祈ると共に、祖国を離れ難民として生きる人々、また彼らを援助する人々に神の支えを願われた。

この教皇ミサには、教皇庁の難民・移民司牧担当者、イタリアの海上保安庁や、難民のケアにあたる非営利組織の関係者、ローマのカトリック系施設で支援を受けている難民らが参加した。

ミサの説教で教皇は、「あなたの兄弟はどこにいるのか」という、神がカインに向けた問いを、5年前のランペドゥーサ島訪問と同様に繰り返された。

「残念ながらこのアピールに対する答えは、寛大ではあったが、十分ではなかった。今日も、わたしたちは何千人もの死者のために涙を流している」と、教皇は難民をめぐる現実を見つめられた。

「難民問題に対する唯一の回答は、連帯といつくしみである」と教皇は強調。

正しい政治は、安全を保証するための解決を示し、すべての人の権利と尊厳を尊重しながら、すべての人々に奉仕することにあると話された。

教皇は、わたしたちがあらゆる恐れと不安を乗り越え、イエスのように、わたしたちも兄弟たちに自らを捧げ、神のいつくしみの道具となれるようにと、聖霊の照らしを祈られた。

06 7月 2018, 16:09